ホーム > 生活・ビジネス > 副業 > 2017年6月6日

Googleアドセンスは他のASPと併用するとクリック単価が落ちる?単価が下がる原因

先日、Googleアドセンスと忍者ADMAXが併用可能であるという記事を書きました。

Googleアドセンスと忍者AdMaxは同時掲載は可能だが併用でクリック単価落ちる?

前回の記事のアドセンスと忍者ADMAXを併用するとクリック単価が落ちる?という見解を今回は書いて行きたいと思います。

自分のブログの場合は、併用する前とアドセンス単体ではクリック単価が12円程下がってしまいました。

単価下がったのはやはり、忍者AdMaxが原因??とおもっていたのですが、果たして本当にそうなのか?

結論から言うと、忍者ADMAXとの併用が原因では無いような気がします。。。

気がするという、曖昧な見解で申し訳ありません( 一一)

ただ、アドセンスとアドマックスを同時掲載する前と後でアドセンス側で表示される広告の種類も自分で確認したところは、あからさまな変更はありませんでした。

アドマックスと同時掲載すると、アドセンス側でアドマックスのゲーム関連の広告を見て、ページ自体がゲーム関連のコンテンツだと誤解されてしまい、アドセンスもゲーム関連の広告が表示されてしまうという事例もあるそうなんですが、私の場合は同時掲載してもきちんとコンテンツに沿った広告をアドセンス側で表示してくれていました。

何故アドセンスのクリック単価が下がったのでしょうか?

アドセンスのクリック単価が下がる原因として、誤クリック(ユーザーが間違えて押してしまうケース)が多いと単価が下げられてしまう場合があるようです。

広告掲載に費用をかける企業側としてはもちろん自分の広告に対して興味があるユーザーを囲い込みたいので、アドセンス側としては当然、誤クリックが少なく、有効なクリックが多いサイトに報酬を多く出したいですよね?

アドセンスは広告がクリックされたあとのアクションまで追跡しています。例えばクリックしたサイト先で成約があればクリック単価は上がりますし、なければクリック単価が下がります。

副業

ですので、有効なクリックの割合が減った(誤クリックが増える)とアドセンスのクリック単価は下がります(´・ω・`)

アドセンスのクリック単価(CPC)が下がった理由

上記の理由で検証してみた結果、私のサイトは前月よりもサイトへのアクセス者が増えたが、誤クリックも増えた為にアドセンスのクリック単価が下がったものだと考えられます。

全体のクリック数は確かに前月よりも大幅にUPしていたのに、CPC(単価)が下がってしまったので、月のトータルの収入はあまり変わらない状況でした。。。

これは非常に難しいところなのですが、サイトへの訪問者やPVが増えると当然クリック数は上がります。

ただ、クリック数が上がるとそれだけ誤クリックの割合も増える確率の方が高いので、サイトへのアクセスが増えるとアドセンスのクリック単価が下がる原因のひとつにもなるのかもしれないという事が検証結果です。

アクセスを増やしてクリック単価(CPC)を下げない方法は、誤クリックを減らすことが大事になります。

きちんとアドセンスの広告であるという事をわかりやすく画面上で伝える工夫やサイトとして、一つのジャンルに絞ったコンテンツ作りが必要だと思います。

ですが、当然クリック数は逆に減りますので、まあ二兎を追う者…ってとろこなんでしょうね( ;∀;)

とにかくブログサイトにアクセスを増やし続ければ、収入はうなぎ上りになると思っていましたが、なかなか世の中そんなに甘くないようですwww

サイトへのアクセス数が増えてCPCが減るというのは、ある程度は割り切らないといけないのかもしれません。

アドセンスのクリック単価が下がる原因【時期】

グーグルアドセンスでブログ収入を得ている人は、クリック単価(CPC)がやたらと高い月や収入が月ごとに違うなと感じたことはないでしょうか?

CPCは時期により大きく変動してきます!

Googleアドセンスのクリック単価はどうして決まるのかというと、広告を出すお店や企業側で値段を設定しています。

当然、売り上げが見込める月や費用を出しやすい決算月は、広告費を多く出して露出を高めたい!と考えますよね?

ですので、企業の決算期がある3月は、アドセンス単価や収入が最も高くなる傾向があります。

アドセンス単価が高くなるのが決算期の3月ならば、スタート時の4月や5月が必然的に低くなるのは必然ですよね。

次期の問題もありますから4月と5月に下がってしまっても諦めないようにしましょう( `ー´)ノ

副業

3月の他に、12月もアドセンス単価と収入は上があります!

やはり、1年間の締めくくりの月ということ、クリスマスなどのイベントもあるので顧客の財布の紐や企業側も少し緩くなるのでしょう。

他にクリック単価が上がる月はというと、予算の決定も四半期(3カ月)で行われることがほとんどです。

そのため、3月・6月・9月・12月は四半期決算の最終月になり、企業の予算が余る可能性が高いです。

企業はその残予算を広告費にも投入することになるので、それらの月は広告単価も高まる傾向になります。

もちろんCPCが減った原因を考える事は大事なのですが、時期によるところもありますので、割り切るという事も大事な気がします!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでsponkyをフォローしよう!