ホーム > 占い > 九星気学占い > 2016年12月3日

【九星気学占い】三碧木星の人の運勢・性格・恋愛運・金運・適職まとめ(干支別診断あり)

三碧木星の運勢・性格・異性運・財産・適職をまとめてみました。

九星気学早見表はこちら >>>

三碧木星 (さんぺきもくせい)とは

三碧の三は、天地の二つの交わりによって一子が初めて誕生し三人となった三であり、二黒で育成されたものが、現実の世界に飛び出す始まりであります。
これを一年の気候にとれば、初春の三月、草木の芽が萌え出て生長発展しようというときにあたります。また地中の虫が春とともにその穴から出て地上に現れるときです。

万物が一人前の生物としていきいきと呼吸をはじめ、春気が動き出すときなのです。一日でいえば午前五時から七時まで、朝日が地平線上に現れ力強く天に昇りはじめた精気溢れるときです。
三碧の碧は、澄み渡った朝の東の空の色を現し、また植物の芽の青々とした色を示します。青は春の色であり、古書に「春を晴陽となす」とあり、人間もまた青年といい、その時代を青春といわれていることはよく知られているところです。 

木星の木は山川草木の木であり、五行の一であり、水気を受けて生成発展する生木です。木が育成し繁茂していくのは、春の陽気によって準備されていた育成の気が形を成していくということです。
木は育成に必要な条件が与えられるかぎり、どこまでも伸長していく気を持っています。
その伸長はつねに新鮮であり、若さであり、力強さであり、明るさでもあります。

さらにまた、未開の分野に進んでいく前進も、冒険の楽しさがいっぱいに溢れており、あらゆる障害を突破して躍進発展しようという元気があります。
三碧木星は、このように春の陽気と生成伸長していく樹木の若々しい力を持っているとともに、天然の気でいうと、春季、つまり天に轟く雷を象徴しています。
雷は春の気を表すもので、雷鳴は春を告げる天然現象です。それは動きを象徴し、前進的な元気と、さらにまた発育とか発展速力、驚きなどを意味します。以上の総合された意義の中から三碧木星の運勢が示されるのです。

003_820x400

三碧木星丑年生まれの人の基本性格

交際は巧みであるが、中年まではとかく短気で軽率な行動が多いようであります。
しかし年とともに辛抱強くなり、建設的な計画や実行型になります。10歳前後までは病弱であったり、また重い病気にかかったりすることがあります。
21,2頃に先輩や目上の知遇を受けて出世をすることがあります。しかし50歳を越えると運気は下がりやすいので、その覚悟を持って晩年の計画を早くから立てておかなければ悔いることになります。

三碧木星辰年生まれの人の基本性格

短気で軽率なところがありますが、よく働き、何事にも真剣に取り組むので目上や先輩の信頼を得て出世します。
ただしプライドが高く威張るところがありますから、多少反感をかうことがあります。中年時代は浮き沈みの多い生活を送る傾向がありますので、この時代の成功は頼みにすることはできません。
どちらかといえば晩年運型なので、50歳を過ぎてからの盛運期になれば自己修養し、言葉には細心の注意をはらって幸運期の波に乗ることができます。

三碧木星未年生の人の基本性格

思慮深く、気転がきいて几帳面です。また慎重にことに当たるので失敗は少ないですが、人からの忠告や注意をなかなか受け入れず、片意地を張るために大発展になりにくい傾向にあります。
20代の頃に重い病にかかることがあります。また42,3歳の中年頃に友人や知人、親戚などのために損害を受けることがあります。
財運はあまり豊かでなくとも、子孫に恵まれて安楽な余生を送ることのできる運命を持っているのが特徴であります。

三碧木星戌年生まれの人の基本性格

自分から進んで人の世話をしますが、とかく高ぶったり自慢するため、恩を施した人から逆に恨みを受けて、恩を仇で返されることがあります。
少年時代に早くから故郷を離れて苦労を重ねる人が多いようです。33,4歳の頃から幸運に恵まれますが、本当の世運気は50歳を越えてからで、晩年は安楽に暮らすことができます。

三碧木星の人の性格判断

本命星が三碧木星になる人は、例えるなら木のような性質を持っている人です。九星には木の性質となる星が、三碧木星・四緑木星の二種類あります。その中で三碧木星は、何かが始まる芽生え、芽吹きのイメージです。

三碧木星の人は、若々しく勢いがあります。陽気で活動的・社交的で、新しいことにも果敢に挑戦します。感情豊かな義理堅い熱血漢で、態度がはっきりとしています。基本的に他人に親切な好人物ですが、熱しやすく冷めやすい性格であり、好き嫌いのはっきりした人でもあります。

三碧木星は、天地を目覚めさせる雷のイメージでもあります。三碧木星の人がいるとその場が賑やかになります。気が短くすぐにカッとなるところがあり、どちらかと言えば、言動も荒っぽい方でしょう。しかし、一度雷を落としたらサッパリとして後に残りません。いつまでもネチネチと不満を述べたり、ヒソヒソと誰かの影口を言うような態度は少ないでしょう。

若い頃には不良っぽい態度をとることがあるかもしれません。若さ故の未熟さやエネルギーが内にこもるのではなく、荒っぽい態度として外へ向かうタイプなのです。こうした短気で向こう見ずな性格も、中年期以降には落ち着いてくるでしょう。

比較的早熟であり、若いころから運勢の開ける人です。素早く判断して、積極的に行動し、結果を残していきます。あまり悩まずにチャキチャキと物事をこなしていく、要領の良いタイプなのです。一方で、威勢良く物事を始めるのは得意ですが、後始末の悪いところがあり、やりっ放しで散らかしたままということも起こりがちです。

注意すべき点を挙げるなら、勢いだけで安請け合いをしてしまうところがあります。軽はずみな約束はできるだけ慎むよう心掛けると良いでしょう。また、感情のままに怒りを爆発させることがあるので、そうなりそうな場面では一度深呼吸をして気持ちを落ちつけたり、場合によっては、他の人に任せてしまうなどの対処方法を身に付けておくと良いでしょう。

短期集中型で一気にやりきってしまう勢いは長所でもありますが、その反面、一箇所にじっとしていられない気ぜわしいところもあります。三碧木星の積極的な行動力に、長い時間を掛けてひとつのことに取り組む落ち着いた姿勢が加われば、若いころに掴んだきっかけや成功を、より大きく発展させられる可能性が高まるでしょう。

三碧木星の人の運勢

この星の生まれの人は、父母ことに父親との縁運が薄く、若くて事業を捨て故郷を出るとか、新しい事業に進出する傾向があります。
行動的で積極的ですので、若いうちからとかく人の表面に出ることが多く、また人の上に立つ運気を持っています。

コツコツと石橋を叩いて渡るといった地味で堅実な歩み方よりも、一足飛びに成果をえようとするような行動が多いため、とかく運気は波乱ふくみというところです。
活気があるのはよろしいのですが、とかくそのためにトラブルを起こしがちです。無口な人もいますが概して饒舌で、あと先見ずのところが災いして失言するといったことがあります。

何事にも水準以上の才腕を持っていて、二十五歳頃から実力を発揮できる運気にあります。
さらに三十四歳頃から生涯における最大の盛運を迎え、三十八歳頃まで続きます。この好機にこそ大いに成果をあげて、老後の生活に備えなくてはなりません。

すなわち三碧生まれの人は初年運で、老年になってからは運気の挽回がなかなかでき難いのです。
人間はいくら才知があり利口であっても、まだ経験不足の三十代では、多彩な人生の実体を知らず勢いにまかせた生活をするうちにこの時期を過ぎてしまいがちです。
したがって三碧生まれの人はよくよくこの運勢を承知して、幸運期を充実したものにしなくてはならないのです。

三碧木星の人の性格

つねに若々しい気分を持っていて、積極的で、にぎやかな言動をするのがこの人の美点でもありますが、また欠点ともなります。
目標に向かって一意努力する覇気、抑えられれば反発する負けず嫌いな気性は成功の条件です。
しかしとかく自己本位な考え方をして、それを押し通したり、主張してゆずらない一本気なところは、人の反感や抵抗を買うことになります。

また、気前のよいのもこの人の特質ですが、それはこの人がお人好しであり、権力主義者なところを持っているためです。大切なことは広言したことを実行することであり、寛大で落ち着いた気持ちを持って、地道に一歩一歩前進する努力を続けていくことです。

見栄と体裁を考えて派手に振る舞うところもありますが、裏付けのない発展はあり得ないことを考え、思慮分別のある生き方をしなくてはいけません。
若さと元気が特徴の三碧生まれの人は、それをエネルギーとして最大の効果を上げるよう努力することです。

三碧木星の人の体質

この星生まれの人は早熟であり、行動的であり、概して運動神経が発達しています。また声が大きいか世話好きで、騒音にも強い神経を持っています。
健康面で注意すべきは神経症、精神症、精神病、脚部の疾患、肝臓疾患、物事の行き過ぎによる過労、体力消耗などです。

三碧木星の人の恋愛運・異性運

男女ともに早熟なたちですから恋愛感情の芽生えも早く、早婚の傾向があります。
人によっては、異性に強く関心を持ちながら見栄っ張りのためにうかうかと婚期を逸する人もいますが、いったん異性と知り合うと深くなるテンポが速く、恋愛に熱中します。

そうなると周囲の忠告とか、注意などには耳をかさず、激情的に突進します。
見栄や体裁を作るところがありますから、異性に対しては気前よく、ときには限界以上の奉仕をします。
また色情にはもろい面がありながら、男性はとかく美人の相手に恵まれやすい運気を持っています。女性の場合は、内面はともかく表面温和な男性に引かれ、結ばれる運気があります。

男女ともに異性と楽しむことに才能を持っていますが、あまり直情的になって相手をしりごみさせることもしばしばです。
愛の表現はデリケートという天に多少欠けていますが、非常に反応が早く、ある意味では現代的といえますが、ムード派にとってはもの足らなさを感じるかもしれません。
男性は意外とあっさりしていますが、女性は独占欲が非常に強く、嫉妬も尋常でありません。そしてライバルに対してもうれつな闘志を燃やします。

三碧木星の人の金運・財産

なにごとにも積極的なこの人は、経済的な面においても意欲的で行動的ですから、収入はそれに比例して増大します。
しかしそれが継続的であるか、ということになれば疑問です。
この生まれの人は消費の面にも大きな喜びを見いだすからです。

欲しいと思ったらそれを抑えることがこの人にとって決してやさしいことではありません。
むしろ欲求を直ちに満たそうとするところがありますから、入ってもなかなか残らないとい言ってよろしいでしょう。

しかも夜遊びに熱中したり、気前のよいところから、支出はますます増大しますので、一度にまとまった収入を望んでギャンブルに運をかけたりします。
若いうちはこれでもよろしいでしょうが、初年運のこの人は、経済についての積極的な姿勢を地味なものにして、入ったら出ずるを制すの姿勢こそ大切といえましょう。

三碧木星の人の適職

行動的で積極的なこの人はスポーツマン、アナウンサー、音楽演奏家、歌手、落語家、漫才師、司会者、電器商、教師、文芸家、外料医師など。

三碧木星の人物像

まさに雷鳴のようにエネルギッシュでいつまでも若さ溢れる人間像である。
とにかく早熟で独立心が強く、十代で会社の注目を集めるような大活躍をする人間の代表格だ。

スポーツ、芸能、文化の世界では特に才能を発揮する。ユニークな発想で世界の歴史に残る発明発見家にもこの星が実に多い。
夢見るタイプに周囲からは見られがちだが、本人はその夢が実現可能と具体的行動を取るため、次第に両極端の評価に分かれる傾向が強い。

強烈な理想主義で引っ張るタイプと、大うそつきの詐欺師扱いかだ。ガリレオ・ガリレイが「地球は球体」と発表し犯罪者扱いされたのもうなずける。
十二分な経験と苦労、下積みといった時代を一足飛びに超えてします人生だけに、三碧木星の人々の短所は「考慮」に欠ける点だ。他人を観ない自分本意さが露骨にでる。

総じてケチだ。約束事も破るのが当然と振る舞うタイプになりがち、常に他人が自分を評価採点していることを自覚して生きることだろう。決断力も行動力も裏返すと“軽率”につながる事を知ろう。

三碧木星の人の性格と運勢

生まれが三碧木星にあたるあなたは、先天的に「雷の性」が与えられている。
ちょうど春に鳴り騒ぐ雷のようなあなたの性格には、明朗で常に一カ所にじっとしていることのできない行動力、誰に対しても親切すぎるほど世話好きな社交性、万事に熱しやすく冷めやすい気質などがあげられる。

何事にも進歩的で直感に頼って行動するあなたは、物事をじっくり考えて行動するよりも、思いつくままに動く事を得意としている。
だから万事に慎重さが足りないところから、あなたのちょっとした言葉や態度がもとで後で非常に後悔することになったり、それまでの信用を失う恐れもある。
だからといってあなたが意地悪だというわけでは決してない。

カッとしやすいあなたが、たとえどんな辛辣なことを口にしようと常に腹の中は空っぽな人なので、むしろお人好しすぎるくらいである。
あなたにとって万事にのんびりと落ち着いて言動することが、運を開く一つのカギとなってくる。またあなたは新しい物事や賑やかな物事があると、誰よりも早く自分で行って確かめたいというやじ馬的根性と、何でも興味を示したことは自分でやってみなければ気がすまないという凝り性的なところがあるが、飽きっぽい性格のためか、その興味は長続きしない。

最後にあなたが運を開くコツを紹介する。
あなたには先見の明があるのだから、まだ世間で注目されないような物事を探り出して慎重に企画を立てて、生まれながらのずば抜けた活動力で焦らずプロデュースすることだ。
もちろんあなたがそれを成功させるためには、限りない忍耐力が必要だ。
しかも、熱しやすく冷めやすいというのもあなたの性格の一部であるから、万事に情熱と誠意を持って努力するだけでなく、慎重さとともに忍耐力も養ってもらいたい。

三碧木星まとめ

単純に三碧生まれの人といっても、生まれ月、十二支、十干の相違によって違ってきますから、一様には判じられませんが、大体の共通点を挙げてみましょう。
非常に勘が鋭く、予知能力が強く、感覚は鋭敏ですが、極度に神経質で感情的な部分があります。

人に対しても物に対しても好悪の感情が激しく、ひとたび自分が思い立った事や、物に対しては異常に熱心に打ち込みます。嫌だとなると利害を無視して、上司であろうが、恩人であろうが反発し、反抗して仕事を離れ、家業を捨ててしまう所があります。

非常に個性的で、向上心も強く、正直であり、才能にも恵まれているのですが、好悪の感情が徹底的に強いので、中途挫折となり易いのです。
活動範囲は非常に広く、政界、実業界はもとより、特に技術、学問、宗教界等は非常に活躍の期待される分野です。人によって幾らかの違いはありますが、どの分野においても苦難を乗り越えて成功するだけの才能と迫力を持っていますが、組織の中にいては伸びません。

独立し、一匹狼として進み、案外成功している人が沢山います。
自分の周囲に真の理解者、協力者を得た時始めて成功への鍵を握ったと言えるでしょう。
然し、特に注意すべき点は、短気である事と、言葉に刺を持っている事です。気持ちはさっぱりしていて男性的ですが、口の悪い事で人から誤解されて、人生における大きなマイナスとなることを考えなくてはなりません。

肉親関係では、大体父親との縁が薄く、単に死別、生別ばかりでなく、思想的経済的に援助されたり、影響を受けたりする事は余りありません。
父親だけに限らず、身内から尅されたり、足を引っ張られる事が多く、情に溺れて道を誤る事があります。

夫婦の縁も、男性は早婚であると良縁に恵まれる事が少なく、概して家庭的には寂しい人が多いでしょう。大体世に出るのは早く、三十歳前には世の中に認められるでしょう。
四十五、六歳迄に将来に備えて充分実力を生かして活躍し、足場を固めておきましょう。

whttp://kigaku.starcrawler.netより
www.geocities.jp/taketugu_suzuki/kigaku/02uranai/uranai.htmより

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでsponkyをフォローしよう!