ホーム > 占い > 九星気学占い > 2016年12月3日

【九星気学占い】四緑木星の人の運勢・性格・恋愛運・金運・適職まとめ(干支別診断あり)

四緑木星の運勢・性格・異性運・財産・適職をまとめてみました。

九星気学早見表はこちら >>>

四緑木星(しろくもくせい)とは

四緑の四は、東西南北の四方の四であり、東西南北の空、すなわち四天の四であり、春夏秋冬の四です。四通八達、四百四病、四方八方などいずれも四は広い意味を示します。
四の字の内は八であり、説文解字という書に「口は四方なり八は別(わか)つなり。

口中に八、四分の形を象どる」とあります。つまり四方という字は四方八方の意味であり、平たくいえば世間、社会の意味です。
すなわち三碧の三は草木が生長して発展するときであり、四緑の四は三碧の生長の木が発展する世間であるということです。
季節でいえば、春の木の生長期のすぐ後に続く晩春で、四月、五月にあたります。一日でいえば午前七時から十一時まで、四緑の緑は草木が十分土の栄養を吸って成熟した草葉の色です。

これは、ただ植物の緑色を単的に示したものではなく、青葉が成長し、整った状態の象徴です。
また、四緑木星の木とは違って、三碧木星の木は山野に根を下ろしてどんどん生長していく生の木です。
言葉を言い足せば水々しく生長しつつある木ですが、四緑の木は生長が一応その動きを止めて、それぞれの用途に応じるべくこれから用いられようとしている木です。

つまり人為的な力を加えられた、用材とされた木であります。世間に出て立派に通用し役立つために、これから重宝されようとしている材木です。
だから三碧の木のように、動的な生命力のある木ではありませんが、物の用に役立つように整備された木なのです。三碧の木が原始的な素材さを持つ木とすれば、四緑の木は教育を受けた文化的な洗練された木とでもいいましょうか。

三碧木星が震雷を意味するのに対して、四緑木星は風を意味します。風は四季の寒暖の差、気圧の高低の差があると、風が吹いてそれを調節し、整えるのです。風はまたはばむものがなければどこまでも吹いて行き、ものに突き当たればその形にしたがって方向を転じ、さらにどんな小さな隙間にも潜入していきます。こうした風の持ついろいろないみが総合されて、四緑木星の運勢が示されるのです。

004_820x400

四緑木星子年生まれの人の基本性格

柔和で愛嬌がよく、交際が上手なので、若年の頃から目上や先輩の愛顧を受けて以外な出世をすることがあります。
しかし色情問題や酒色による失敗が起きやすい運勢を持っていますので、細心の注意が必要です。中年期は運気旺盛となりますが、晩年に至って運気が沈滞してくる恐れがあります。
従って生涯の計画については運勢期のうちに十分配慮しておくべきでしょう。

四緑木星卯年生まれの人の基本性格

細やかに気のつく性質なので、他人の世話をすることが行き過ぎるあまり、かえって人に嫌われる結果を招きます。
従った自戒する必要があります。また人にわずかばかりの恩を施し、それを大げさに広めるため、恩を仇で返されることもあります。
コツコツとよく働き、気転もききます。しかし片意地なところもあります。中年期の幸運期に安泰な余生を送るべく晩年の計画を立てないと窮地に落ち入る恐れがありますので、注意してください。

四緑木星牛年生の人の基本性格

愛嬌がよく、他人との交際は上手ですが、人のお世辞や甘言葉を軽々しく信じて思わぬ損害をこうむる場合がありますので、注意してください。
中年時代になって人もうらやむほどの幸運が訪れますが、注意しないと酒色の因縁によって運を取り逃がしてしまうことになります。53,4歳頃に巡ってくる幸運を把握して、晩年安泰の基礎を作るように心がけることが必要です。

四緑木星酉年生まれの人の基本性格

もの静かで考え深い性質であり、頼まれごとは忠実に働きます。片意地を張り、気迷うところがありますから決断力が鈍く、何事に対してもスタートの遅いのが欠点です。
しかし共通しているのは、どちらも情熱家タイプです。47,8歳頃から53,4歳頃にかけて幸運に巡りあいますので、このチャンスを逃さず晩年の基礎を築くことです。

四緑木星の人の性格判断

本命星が四緑木星になる人は、例えるなら木のような性質を持っている人です。 九星には木の性質となる星が、三碧木星・四緑木星の二種類あります。その中で四緑木星は、木々が繁っていて風でザワザワと音を立てているイメージです。

四緑木星の人は、風が吹けば葉を揺らすように、日が照れば木陰を作るように、様々なものと関わります。 多くの人と交流できる社交性の持ち主で、たくさんの縁(えん)に恵まれた人生が期待できるでしょう。 友人や出会った人を大切にできる人物であり、たいていの場合、人から信頼されます。

四緑木星の人は、比較的若くしてチャンスを掴む傾向があります。 人との調和を大切にして、周りの信頼を得ることで、目上の人からの引き立てや友人からの紹介など、人とのつながりから発展のきっかけを得られるでしょう。

人の気持ちを察するのがうまく、相手の欠点に気が付いていても、それをわざわざ指摘して傷つけてしまうようなことは少ないでしょう。 たまに、少しだけ意地悪な言動をとることがあるかもしれませんが、徹底的に相手をやりこめるようなことはしません。

注意すべき点を挙げるなら、あれも好きだけれどこれも悪くない…といった具合に迷いが多くなりがちでしょう。 人との縁から得られるチャンスは多いですが、決断が遅く大事な局面で迷ってしまい、中途半端な態度に終始することも起こりがちです。 人生の目標についても、なかなか一本の道にしぼることができないまま、時間が過ぎてしまうことがあるかもしれません。

四緑木星には、意外と自我が強く頑固な一面があります。 そうした自分の本質をあまり人に見せたがらない用心深さがあり、人に不快感を与えないように振る舞える如才なさを身につけているので、 あまり人からそうは見られません。 しかし、やらないと決めたら絶対にやらないといった頑固さを隠し持っています。 自分自身で納得しない限り、あまり判断を変えないのです。 誰かに自分のことを分析されるのも苦手でしょう。

恋愛面では、惚れっぽいところはあるのですが、今すれ違った相手に一目惚れするといったことは少なく、しばらく相手と交流してからでないと恋に発展しません。 まず、交流ありきの人なのです。

出会いが多く、どの関係も大切にするあまり他の異性に目移りしやすく、浮気や不倫の起きやすい性質の人でもあります。 離婚と再婚を繰り返す人もいるようです。

四緑木星の人の運勢

この星生まれの人は自分の主体性を持たず、人に従い、世間の情勢に従って巧みに遊泳していく運気を持っています。 
何事においても一カ所にじっと止まっていたり、落ち着いて動きがないといったことはこの人の運気と相反することで、常に東へ西へと動くのが特徴です。

すなわち住所、職業なども定まらぬ傾向があります。こうしたことは行動面だけでなく、気持ちの上でもその通りで、いちど決定したことを再び変更してあれこれと迷い動くのです。
それがこの人の弱いところであり、努力してもなかなか大きな功績をあげられないところでありますが、また大きな失敗もない所以ともなっています。

すなわち人格者や地位権力のある人によく従うためです。しかも常識の一線はつねに心得ていますから大きな誤りもなく、上位の人や世間の人から愛され、便宜がられるところがあります。
また、この人の運気として、かりにいったん零落しても、必ずまた立ち直るところがあります。
また、とかくこの人は他から疑惑をもって見られたり、噂の的となったりすることが多いのですが、実害はさほどありません。

男女共愛情問題に難があり、女性は再婚する人が少なくありません。この人は三碧の人同様初年運ですので、少なくとも三十八歳までに後年の基礎を築くようにすべきです。
ともあれ自分一人の考えでことをなすよりも万事有力な人に従ってことを運ぶやり方が大切です。

四緑木星の人の性格

何事につけても決断力がなく、あれこれと気迷いがあります。それというのも、ものごとの本質を見極めず、軽々しくすべてを判断するからです。
さらにまた、確固たる自信がなく、覇気や意欲が不足し、積極的な姿勢を持てないせいでもあります。

それだけに第三者の言葉に迷わされたり、甘言に乗ったりして被害を受けます。時に黙ってしまうかと思うと、時には喋るといったふうに態度の定まらぬところがあり、そのためにつかみどころのない人と見られたりします。
しかし根は善良で、人を信用しすぎて警戒をないがしろにするところがあるので注意すべきでしょう。

この人に大切なことは、確固たる信念としっかりした基礎ですが、目上、長上にさからって独行すると失敗を免れません。
そうかといってなににでも従うことは、大失敗のもととなりますので、人を選ぶことが何より大切といえるのです。
また、とかく秘密をもらしたり、うかつに人を批判して恨みを買うことがありますから、くれぐれも言葉には注意しなくてはなりません。

四緑木星の人の体質

この人の運動神経は鋭いほうでなく、どちらかというと活発でない傾向を持っています。
容貌は額広く華美少なで白眼がち、どことなく弱々しいところもありますが、むしろ優美な風情を持っています。
なぜかと、呼吸器疾患には特に注意が大切ですし、また流行病、腸、痔、婦人科系統の疾病にかかりやすい傾向があります。

四緑木星の人の恋愛運・異性運

だいたい早熟のほうで、年少のころから男女問題の面に接近した生活を送る運気があります。
そして自分からは積極的に動かなくとも、相手から誘われるといったことが多く、そのために身を誤ることが少なくありません。
また、あれこれと迷っているうちに、いつとはなく深い仲になったという運気をたどることもよくあることです。

よく目上、長上に従順に接するため、いつとはなしにかわいがられて愛情関係に入るとか、引き立てがあって思いもよらぬ玉の輿に乗るといったこともあります。
しかし、良さそうに見えた話が話しだけに終わったとか、途中で消滅したなどといったことがよくあります。

また、お人好しのために相手の巧言令色を真面目に受け取り、そのため失望とか挫折感を味わいます。
ともあれ、異性問題はどことなく、とりとめのない結果に終始しがちですから、ことの始めには怠りなく注意することです。

四緑木星の人の金運・財産

ある一定の金銭は常に入ってきますが、それが貯蓄されて大きく残るということはめったにありません。
溜まったころになると出ていくことが起きがちで、紛失するとか盗まれることも少なくありませんから、財布は厳重に管理することです。かりに大金が入っても、この人はだまって持ち続けるとか、巧みに回転して儲けること下手です。

むしろ小売商的なことで、こつこつと小利ながらも儲けるといった形態をとったほうがよいのです。また、人の甘言に乗ってうかつに金を出すところがありますが、もう一度よく考えたり相手をたしかめてやるべきでしょう。また口先で儲けようと思ったり、坐っていて利益にあずかろうとせず、信用を第一に考え、自ら飛んで歩くことによって収入が増加するのです。

四緑木星の人の適職

風のように遠くへ飛び、相手の耳目に訴える宣伝、広告、PR業、通信業、運送業、行商人、案内業、また細工を要する賢愚店、材木商、指物師、反物、呉服商、竹木の器物商、そば屋、扇子製造、紐類、綿糸の製造小売商など。

四緑木星の人の性格と運勢

生まれほしが四緑木星にあたるひとは、先天的に「風の性」が与えられている。
「春の風」という意味のある四緑木星生まれのあなたには、「押してもダメなら引いてみな」的な人に取り入ることの上手な柔軟な社交性と、「明日は明日の風が吹く」といった万事に楽観的な気質、見かけは強気のようでも内面的には思いやりのある従順な性格が備わっている。

何事にも楽観的にかまえるあなただが、内面的には常に信念や考えが風のようにふらついていて一定しない。
だから気の迷いが多くて優柔不断なあなたは、世間に対する信用を重んじようとして、かえって判断力のなさで信用を落とす結果となる。
しかし、風のように流れる柔軟な考え方やバランスのとれたあなたの性格と、他人のためによく活動するといった行動力が、共に多くの人々に愛され引き立てられることは間違いない。またあなたの運命には一生浮き沈みの激しいという暗示がある。

しかしどんなに下積みの生活に落とされても、必ず元の生活に戻ることのできる運命的な強さをも同時に秘めているので安心していただきたい。
最後にあなたにとって運を開くコツは、常に高い目的意識や確固たる信念を長く持ち続けることだ。それから環境の変化によって運を開くという暗示があるので、転職したり、故郷を離れて他郷で生活するか、長い海外旅行などによって成功へのチャンスをつかむことができる。

また、あなたは誰よりも信用を重んじるところと、他人の引き立てを受ける徳があるので、常に目標を定め、エネルギーを充満させて邁進するのが成功への第一歩となる。
ただ、優柔不断な態度と八方美人的な交際は人の反感を買いやすい結果となるので、相手の立場をよく考えた上での行動が特に必要となる。

四緑木星まとめ

四緑の人に共通している所といえば、外見は紳士、淑女のようで、洗練された物腰で人に接し、愛嬌があり、話し方も上手です。説得力もあって周囲の人に愛され、親切に見えます。
しかし実際は、神経が細かく、計算に細かい所があります。話し方も初めは調子がよいのですが、だんだんと尻つぼみとなってしまいます。

又、自分の行動に責任を持とうとしませんから、結果的には人に見放されてしまいます。
俗に四緑は晩年が悪いといわれるのは、この所です。表面は穏やかですが、内面には火のような情熱を秘めているのも四緑の特長です。
恋愛関係も熱しやすく冷めやすいので、身をあやまる事にもなりかねません。それも、冷めてしまえばケロッとして、あっさり思い切るのも又このホシ生まれの特長です。

才能にも恵まれ、良い素質を持っているのですから、持ち前の慎重さと合理性を発揮して、周囲の人と和をはかり、人には誠意と温かい心を持って接すれば、必ず幸せな晩年を迎える事が出来ます。
金運や仕事運は大体順調で、人よりは早く運が開けます。又、チャンスも何度かある幸運なホシを持っているのですから、いたずらにあせって、やる気を失ったり、短気を起こすことはありません。
力を惜しんで怠けたり、無責任な行動をとれば、悪縁と結びやすいのも四緑の特長です。
四緑の人が幸せな晩年を迎えるかどうかは、若いときの過ごし方一つにかかっているといえるでしょう。

whttp://kigaku.starcrawler.netより
www.geocities.jp/taketugu_suzuki/kigaku/02uranai/uranai.htmより

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでsponkyをフォローしよう!