ホーム > 占い > 九星気学占い > 2016年12月3日

【九星気学占い】六白金星の人の運勢・性格・恋愛運・金運・適職まとめ(干支別診断あり)

六白金星の運勢・性格・異性運・財産・適職をまとめてみました。

九星気学早見表はこちら >>>

六白金星(ろっぱくきんせい)とは

六白の六は六合の六であります。六合とは天と地との二と、四方の四との合体されたもの、すなわち広大無辺の限りない大宝天宇宙のことです。
また、世界そのものであり、絶大な力を持った陽気の根源である太陽でもあります。季節にとれば秋も晩秋であり、一日でいえば午後七時から十一痔までを表します。

六白の白は潔白の白であり、ここでは白日の白です。灼熱の太陽が最高潮に達して白熱化されたもの。すなわち六白とは天空に輝く白熱の太陽のことです。
金星の金は金属の金ですが、ここではそれらを広い意味からとらえています。

そしてこの次の七赤金星とこの六白金星の二つがありますが、いずれも金は秋を表します。春に成長し夏に繁茂し成熟し、そして収穫を迎えたときが秋で、金を以てその秋の充実した性を象徴したものです。すなわち六白金星は大空、天、太陽とそして充実した秋、つよい堅固な秋の象徴なのです。
つまり天地自然の諸々における最高の位を示し、もっとも重要な価値、もっとも大なる活動を示しているのです。

すなわち天こそ陽気の発するところであり、大地を育成し、大地に生命を与えているのであり、永遠に運行してやまない、限りないエネルギーそのものを表しているのです。
人間でいえば統率者であり、権力者であり、支配者であり、尊くしてこの上なく強い人であります。

会社でいうなら社長、一家なら主人であり、夫であり、物事でいえば大なるもの、美しいもの、高価なもの、光り輝くものをいいます。更に、場所でいえば首都であり、大都会であり、美しく大きなスケールの豪華なところですし、重要な建築物であり、高く天にそびえる塔でもあります。六白金星の意味するものはこのように、強く大きく、尊く、りっぱなという最も高い地位を表しているのです。

006_820x400

六白金星丑年生まれの人の基本性格

気位が高く強情で、虚勢を張りますが、反面お人好しのところがあります。
またきわめて賢くつつしみをもって付き合い、目下の者には親切な質であり、考案が上手で研究心に富んでおりますから支持者も広く、人望を集めることができます。

28,9歳より35,6歳の間に幸運に巡り会いますが、金使いが下手で、酒色によって後悔することがあります。従って目上の人の忠告は聞かず、自己本位にないやすい面もあります。晩年運の人が多いので、60歳前後から巡ってくる盛運の時期をしっかり把握し、将来のための基礎を築き、安楽な余生を送ることができます。

六白金星辰年生まれの人の基本性格

表面は柔順そうで、おとなしい品格を保っていますが、根は高慢で、負けず嫌いで、文句が多い質であります。
従って自分が失敗したことでも、非を理にまげて抗弁することがあるので、目上や先輩、同僚朋友で陰口をされることがあります。

しかしその反面、実直で仕事熱心なところがあり、世話好きなところもありますから、自分勝手な解釈でやし過ぎないことが肝心です。46,7歳頃に訪れる幸運をつかみ、経済の安定をはかれば、晩年は運気が安泰となるのでチャンスを逃さないように注意しましょう。

六白金星未年生の人の基本性格

思慮分別があり、家庭を大切にし、何事に対しても慎重で、軽率な行動はきわめて少ない性格です。
従って大事をとり過ぎてタイミングをはずしてしまう場合があり、また取り越し苦労することもあります。

地味なタイプですが、心に闘志を持っていますから太っ腹で、粘り強く、勘定高いところがあります。中年時代にはしばしば幸運に恵まれる機会がありますが、理想を高く持ちすぎるため融通性が欠けてきます。また人をえり好みしてよいチャンスを逃してしまう場合が多いようです。60歳を越えて訪れる幸運が晩年を安楽にさせる基盤となるでしょう。

六白金星戌年生まれの人の基本性格

負けず嫌いで用心深く、自己本意のところがあります。しかし交際上手であるから、他人のことで頼まれるとよく努力します。
概して片意地なところがあって、度量が小さいため、短気なところがあります。

しかし良いアイデアや企画事は上手で、貯蓄心もあり、握り屋です。中年時代にしばしば幸運期に恵まれますが、欲が深くなり、見栄や体裁、流行を追ってやり過ぎるため失敗してしまうようです。50歳を過ぎてから訪れる幸運のチャンスを大切にすれば、晩年は安泰です。他人の忠告を聞いて行動するように心がけると、自分の力はさらに向上発展することになります。

六白金星の人の性格判断

本命星が六白金星になる人は、例えるなら金気の性質を持っている人です。 九星には金気の性質となる星が、六白金星・七赤金星の二種類あります。 その中で六白金星は、ゴツゴツした金属の塊や鋭い刃物のイメージです。

六白金星の人を一言で表すなら、とても優秀な人です。 自分に厳しく、理想が高く、アタマの回転速く、先見性と統率力を備えており、人の上に立てるだけの高い能力を持っています。 独立心旺盛で意志が強く、周りから反対されても自分の信念を貫くことができる人です。

活動的な人で、常に動き続けています。地上を歩いているというよりは、ハヤブサのように鋭く飛び回って、天地の間を高速で行き来しているようなイメージです。 大局をつかむのがうまく、行動は素早く的確で、スケールの大きな仕事にも取り組める人です。スポーツが得意な人も多いでしょう。

注意すべき点を挙げるなら、自分に厳しい分だけ他人への要求も高度になりがちです。 人に指示するのは得意ですが、人から指示されるのは苦手であり、傲慢、ワガママとも見られることがあるかもしれません。

プライドの高さゆえに、また、あまり油断をしないために、どこかとっつきにくい孤高な人物と見られやすいでしょう。 例えば、皆がバカ話で盛り上がっているときにも、その輪に入らずに無愛想でいれば、人を見下したような態度をとっていると誤解されかねないので注意してください。 本人に悪気が無くても、お高くとまっているような印象を与えがちであり、特に目上からは、生意気で使いにくい人物と見られているかもしれません。

また、言葉が率直なのは良いのですが、相手からはキツい人物と見られているかもしれません。 人と柔らかく接したり、多少納得のいかないことがあっても、妥協して丸く収めることができるようになれば、周囲からの助けも得られやすいでしょう。

上記の通り、六白金星には社交的とは言い難い一面があるようです。 ただ、第一印象では無愛想で人当たりがキツい印象を与えることがあるかもしれませんが、 長く交際するうちに理解されたり、頼りにされるだけの魅力・能力を持った人でもあります。 厳しくハッキリとした態度によって敵を作ってしまうこともあるかもしれませんが、同時に味方や仲間を作ることもできるでしょう。

自尊心が強く隙の無い性格だからこそ、経営者などの厳しい立場もこなせるのですが、 同時に周囲へのサービス精神を兼ね備えることができれば“鬼に金棒”です。

どちらかといえば、若い頃よりは晩年になるにつれて運勢が開けてくるタイプです。 自分に厳しい面と、皆と一緒にバカ話で盛り上がれるような可愛げのある面を両立させられれば、 魅力が倍増して、より早くから成功を収められる確率が高まるでしょう。

六白金星の人の運勢

この星の生まれの人は、六白金星の強大さと限りない遂行力、支配力、征服力、統率力などの力をすべて持っています。
すなわちこの人は、つねに動いてやまない生き生きした行動性を持っているのです。平々凡々たる生涯ではなく、その一生はなにものかに向かって積極的に前進し、多くの影響を他に及ぼしていきます。

理想はつねに高遠で、意欲的で、自尊心が高く負けず嫌いですから、骨を折って勉強することは、少しも嫌がりません。
従って、人の下位に甘んじることなく、どこまでも上位に向かって前進する気持ちを持つので、社会の指導的立場にこの六白金星の人が多いのも当然といえます。
ときにはその性格の強さのために、人と争い闘うことが少なくありません。ですからそういう面での失敗や挫折、人間関係の危機などがあります。

人のためにも尽くしますが、人の犠牲の上に立って地位や名誉を得るのもこの人の運勢です。
物質的というより精神的ですから、単に物質的成功を達成するばかりでなく、必ずその一面で名誉、地位に関する仕事、高い地位につくことが多いのです。

女性も男勝りの激しい気性とか自尊心を持ち、いわゆる家庭婦人に甘んずるどころか、社会的に注目される立場の職業婦人になる例が少なくありません。
女社長、実業家、経営者といわれる人、また芸能人の中にもこの星の人が多く見られます。

この星の人は、若いうちから頭角を現す人と中年以降に認められる人とがいますが、晩年運で、四十代に入ってから顕著に運勢が向上していき、晩年になるほど円熟味を増し、実力を発揮していきます。また、教養に欠ける人は、常人にない無軌道な行動をとり、世間を驚かせることもあります。ともあれ、正義、善に強い人でありますが、まれに悪にもつよい事態を招く人がかなりいることは否定できません。

六白金星の人の性格

下位に甘んじることがなにより嫌いです。非常に精神的で、意識的で積極的ですから、その言動は落ち着いたなかにも激しいものを持っており、表面は温和、柔和といったムードを見せていたとしても、決してそれが本来のあり方ではありません。

自尊心が強く、物事の軽重をよく心得ていますから、自分の実力不足を極度に隠蔽したり、恥とします。この人が憂鬱になったり、覇気を失ったり、迫力を欠いたりするときは、自信喪失した場合なのです。
しかしいったん自信を得、確固たる信念のもとに動き出しますと、雲を得た竜のように一躍して衆人の上に立つことになります。

自我が強く、自説を固持して譲らないところがあるため、人間関係の融和に欠けるところがあります。
また自分の能力を標準にして人に求めるところが大きいため、部下や目下の反感を買ったりします。

自信過剰のために失敗しても、それを素直に認めないのが欠点の一つですし、独断専行するところも改めるべきでしょう。ともあれ生活力旺盛で、勤勉な努力家で行動力のある面に、人間的な柔らかみ、あたたかい思いやりを加え、人間関係の円滑をはかることが大切です。

六白金星の人の体質

筋肉質であるか骨張っており、色白く運動神経がよく発達している人、反対に頭脳的、精神的で運動神経の乏しい人とがいます。
なにごとにも限度一ぱいに打ちこむところがありますので、体力消耗、神経衰弱、熱のある病気、また、肺疾患、骨の病気、外傷などにも配慮が大切です。

六白金星の人の恋愛運・異性運

男女ともに異性に関心を装っていますが、けして外見ほどではありません。ことに男性は自尊心が強く、尊大なところがありますので、いわゆる女性に浮いた口説き文句を並べるような求愛はしません。
むしろ、女性の方から近づいてくるようにしむけるといった状態をとります。

ですから相手の女性は男勝りで積極性のある進歩的な女性か、細かなことに気のつく世話女房が多いのです。
この星生まれの女性の場合は、むしろ積極的に男性にプロポーズして、独占欲を満たします。

心身をすり減らすように献身的に尽くしますが、いったん深い仲になるとか、また家庭に入ってしまうと、大いに発言し、積極的な姿勢を確立します。
時には夫の代行をつとめるようなことになりますが、十分その任務を果たすでしょう。男性は、女性に対して常に支配的、征服的であり、従順をつよく要求します。

人によってはそういう気持ちを表面に出さない人もいますが、女性がそれをいいことに横着をしたりすると、その態度を改めるまで容赦なく叱責します。
また、親分肌のところがありますので、異性の依頼ごとを無視できず、積極的に援助の手をさしのべますが、そうした結果としてただならぬ愛情の芽生えとなって三角関係になる例も珍しくありません。

無教養の人は、女性を奴隷視して平気な人もいますし、ちょっとトラブルの解決に鉄拳をふるう人もあります。
女性はがいして夫と生別、死別する人が多く、中には晩婚とか、一生独身という人も珍しくありません。

六白金星の人の金運・財産

小金は目標にせず、あくまで大きな財産づくりをねらいますが、若いうちはとかく出費のほうが多くて残りません。
いかにも精神的に見えながら、なかなか物質欲の強い人と、まったく財産、金銭問題に関心がないか、またうとい人がいます。

しかしいずれにしても見え、体裁をつくり、プライドを持っていますので、物欲しそうな貌を人には見せません。
したがって、実力不足な若いうちは、外見をつくろって無欲な姿勢をとりますから、出費がかさんで収入がそれに見合わないことになり、貯えができないのです。

人に借金を頼まれて、はっきり断りきれないのもこの人の性格ですが、そうした関係で人望は高まります。
しかしそのためにいつも財政不如意ということもあり得るわけです。
また、中には非常に物質的であっても、それを正義とか筋を通すという美名のもとにケチって、困った人に一片の思いやりすらかけないという非常な人も少なくありません。

人生は賭であるという考え方を持っている人も多いのですが、自分でギャンブルをやってそれに打ちこむほどの気もありませんし、またやっても利益にはならないでしょう。
女性は男性に比べて金運が強く、また財政的手腕を持っています。しかも適当に大まかな反面、しまり屋のところもありますので、マネービルの青果もなかなかなものです。
この生まれの人の財運は、この人の実力の裏づけの上に立って、自然に流入するようにもうけることが最も適切であり、効果的なのです。

六白金星の人の適職

人の下位にあって使われることを好みません。人に使われても班長とか責任者といった立場を望みますし、よくその責務をまっとうするでしょう。
この人の性格から、教師、指導者、官吏、法律家、会社社長、宗教家、社会事業家、神官、牧師、その他どんな職業でも指導的立場に立てば功があるでしょう。また機械工場、自動車等交通機関関係も適業です。 接客を主体にする仕事とか、孤独的な静的職業はまず不向きで、成功を望むのは無理です。

六白金星の人物像

とにかくプライドが高い。指導的資質が特性だけに、自説を曲げない。他人に頭を下げない、高尚な精神の持ち主だが、総じて損な役割を演ずる。
だが、こうした体質だけに上司やボスからの信頼は格別で、重大な要となる役割を演ずるハメになる。

それが大事件に発展すると、キーマンだけに、全責任を背負い込むのが常。そして“父”なる立場が、責任を他人に転嫁できずに、ついには全てを抱え込み一命を断つと言う究極の行為を取る。
故に、この六白金星をして「自殺星」とも言う。剛毅で責任感の強さは大変な長所だが、本来の冷静沈着、打算的な一面をもっと優位に生かし、無駄な責任の負い方などしない生き方がベターなのだ。

他人との接し方も、父として“本音”ばかりを直接的にぶつけ過ぎる嫌いがある。煙たがれるばかりで的を作りやすい。真に自分を大切にし守護するのは、聞き流し、他人事と雑に振る舞うことを進めたい。

六白金星の人の性格と運勢

生まれ星が六白金星にあたるあなたは、先天的に「天の性」が与えられている。
青々とした秋の空のような、あくまでも高く広い天の象気を受けたあなたは、正直で潔白な何事にも品位を重んじる人柄、物事の処理が的確であって常に先を見越したり冷静な判断力、プライドが高くやや見栄っ張りなスタイリスト、などの個性が与えられている。

万事に負けず嫌いで気位の高いあなたは、他人に指図されたり、お世辞を言って相手をおだてたり、人に頭を下げてまで物事を頼み込むようなことが大の苦手なので、目上の人から「若いくせに生意気だ」とか、友人からは「あいつカッコつけてやがる」と変に誤解されがちである。

ところが、根は正直で物事を処理するにあたっての先を見通す力がずば抜けているので、まわりからは実行力のある人として評価される場合が多い。
またなかには非常に短気で偏屈と思えるほど強情な人もいるが、いささかでも思い当たるふしがあるのならば、好意的な目上の人や友人のアドバイスを素直に謙虚に受け入れることだ。

そうすることによってあなたは器の大きい寛大な人間として見られ、周りの評価も違ってくるはずである。
最後にあなたが運を開くコツは、今述べたような事と共に、交際面でのこれまでの優越感のみにひたる癖を改めて、時には勝つことよりも負けることを知り、誰に対しても気安い、融通の利く人柄として売り込むことだ。

もし、あなたが挫折したり、意欲を失うことがあるとすれば、あなたの長所でもある自尊心で乗り切ることができるであろう。そして活力旺盛さが、落胆の落とし穴に落ち込ませないクイの役目ははたしてくれる。だが反面、かたくなな心が、対人関係で思いがけない悩みを生じやすいので自重したほうが良いだろう。

六白金星まとめ

本命六白金星の人に共通している特色をみれば、大体強い運気力に支配されています。
六白は季節にとれば秋ですから、若いときよりも中年以降の方が運気が強くなるのが普通です。それも年を取れば取るほど良くなります。

9星の中では五黄についで、時には五黄に勝る位の強い運気力を持っています。
独立運をもっていますから、ともすれば大きな組織では伸びにくく、才能を発揮できない所があります。若い頃は苦労が多く、波乱の道を歩みますが、案外くよくよしません。

周囲の手厚い保護や援助を受けて育ってゆけば、本来の独立運に逆らう事になり、持ち前の特質や才能を生かす事ができず、小人物として固まるだけで伸びません。
実行力に恵まれ堅実な性格ですから危ない事には手を出しません。正直で自尊心が強いため、人から誤解を受けることもありますが、親分肌で面倒見がよく目下からは慕われます。

会社においても、家庭においても重い責任を持ち上司を支え、肉親の面倒を見る役目を果たします。六白生まれの男性は外見が優しく、ソフトな感じがします。女性は男勝りの性格の人が多く、家庭に入っても妻の座に甘んじる事を好まず、何か仕事をもって上手に両立してゆきます。金運、財運には大変恵まれますから晩年頃には相当の財をもてるでしょう。

whttp://kigaku.starcrawler.netより
www.geocities.jp/taketugu_suzuki/kigaku/02uranai/uranai.htmより

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでsponkyをフォローしよう!