ホーム > 占い > 九星気学占い > 2016年12月3日

【九星気学占い】七赤金星の人の運勢・性格・恋愛運・金運・適職まとめ(干支別診断あり)

七赤金星の運勢・性格・異性運・財産・適職をまとめてみました。

九星気学早見表はこちら >>>

七赤金星(しちせききんせい)とは

七赤は七赤金性あるいは七赤金星と呼ばれています。字の如く五行の中では金の気で、その性は陰です。六白の金は陽性の金で、鋼鉄等の様に堅い金属であり素材ですが、七赤の金は陰性の金で金・銀・銅の様な柔らかい精錬された金であるといわれています。

七赤の七は、単なる数字の七ではありません。説文という古書に“七は陽の正位であって、七の字を解いていうときには、七の一は地平線であって、七は地中の気の出ずるさまをいう”とあります。
地中の気が地上に出るのは春でありますが、その春に出たものが完成された形となるときこそ秋です。そして秋こそ地中の気が地上に出たときである、ともいえるのです。

つまり七は地中の気が充実して形を成した秋を示し、秋の収穫、福徳を意味します。古来福徳の神として七福神がありますが、これは五穀豊穣、豊年満作の喜びを示すものです。七赤の赤は、太陽が西の地平線に没する時の美しい赤色、茜色です。また、草木が秋を迎えて成熟したときの代表的な色彩です。
金星の金は六白金星の金と同じく、金属の金であり、木火土金水の金です。また、春から生成伸長したものが、充実し成果となった秋を示します。
すなわち七赤金星は秋そのものの象徴する広い意味を表します。一日でいえば勤労を終え、団らんを楽しむ午後五時から七時までです。
そして自然の場で示しますと、沢を表します。沢は常に水をたたえた安住の地で、草木繁茂し、禽獣もその生を楽しむ平和境です。

万物の霊長である人間も沢を求めて集まり、そこに村落を形成しました。沢には動植物の生育に必要なあらゆるものがあります。寒風の吹き荒れる山頂とも、風雨を避けることのできない野原とも違います。
生活していく恰好の憩いの場所です。それは秋の収穫時の喜びと通ずるところがあります。
つまり七赤金星は、物質の豊かさ、喜悦、安心、笑い、団らんといった、人間の幸福な広い悦楽の意味をすべて含んでいるのです。私たちの現実の生活に当てはめれば、それは食事であり、娯楽の場所であり、笑いであり、しゃべることであり、屈託のない魅力的な女性であります。こうした意味の上に立って七赤金星の運勢が傾向づけられているのです。

007_820x400

七赤金星子年生まれの人の基本性格

実行型でよく気がつき、愛嬌もあり、人の交際は巧みでありますが、プライドが高く、派手好みの反面、金銭面の勘定が細く、自説を曲げることを嫌います。また慎みなく振る舞うところがあり、多少威張るところもあります。中年から次第に力量を発揮して活躍しますが、目先のカンが働きすぎて、自分勝手な行動に走り、騙されて失敗する場合があります。

50歳前後に盛運期が巡ってきますから、細心の注意をはらって努力すれば晩年は安泰であるし、信用もついて、寂しい生涯を送らずにすみます。また商売に富んでいます。

七赤金星巳年生まれの人の基本性格

あきらめが悪く、愚痴っぽいところがあります。また慎みなく交際をしますが、人の好き嫌いをするため、人によってはお天気屋に受け取られがちです。
取り越し苦労をするため自分本位に物事を考える質なので、人に反感を買うことがあります。しかし商売熱心ですからよく働き、責任をもって片付けて行きます。

また金儲けも上手で、自慢話が得意ですが、人によってはわがままにとられ、しかも他人の忠告を素直に聞き入れませんから、初年、中年の運気は苦労が多いようです。
新しいことをする場合はよい相談相手を見つけて行動すれば晩年は安泰となりますので、中年の盛運期に晩年の策を立てておくべきでしょう。

七赤金星卯年生の人の基本性格

世話好きで慎みなく交際します。また都合によっては自分から進んで他人の面倒事を引き受けたりしますが、内面は計算高く、はっきりしすぎるところが強すぎで野心家でもあります。
外見を飾り、物事を大げさに広げる性質を持っていますから、年のわりに考え方が練れています。

しかし行動力にムラがあるので、敵と味方がハッキリ分かれます。幼年時代の幸運はあてにならず、37,8歳で病難、あるいは計画事に支障がおきて苦労することがあります。従って63,4歳前後に訪れる吉運を逃さず、忠実に行動すれば信頼を受けて、老後の安泰を築くことができます。

七赤金星午年生まれの人の基本性格

交際上手で、出歩くことの好きな質であり、また弁舌さわやかでありますが、言葉遣いがきつく、親分肌なところがあります。
しかし実際は気が小さく、口ほどには実行がともなわない傾向があり、家ではコセコセとやかましく、用心深く取り越し苦労をする人です。

中年時代は良いチャンスがありますが、相談相手に恵まれないため打算的になり、幸運をつかみそこなう場合があります。57,8歳頃に大吉運が巡ってくるので、その機会を把握して晩年の安泰をはかるようにすることが大切です。

七赤金星酉年生まれの人の基本性格

この年生まれの人は、色々な意味で波乱に富んでいます。子供のころから特別甘やかされて育ったか、口贅沢に育つことが多く、そのため頑健な人は少なく、胃腸が丈夫ではありません。
だいたいカンが鋭く、人の気持ちを察知することに優れ、しかも弁舌が立ちますから、その言動は良くも悪くも人に影響を与えます。

人を喜ばせる天性的な才能を持っていますので、どこにいてもよく目立つ存在です。従ってその場の雰囲気を明るく楽しくするといった人で、人々から好まれます。
また自己顕示欲が強く、自尊心も人一倍ですから、無視されたり軽視されることに立腹します。この人は好かれる多くの要素を持ちながら、頭を下げたり、頼み込んだりすることに抵抗を感じるため、多くの好機を逃すことが少なくありません。

若年の頃からいろいろな面でませていますが、四十代になっても二十代、三十代の若さを保っているのがこの人で、服装も派手ですし、若い気分をいっぱいに持っています。この人の運気の特徴の一つは、異性によって生活に広い意味の恩恵を受け取ることです。
つまり他の星生まれの人より、はるかに異性との関連性において、その人生が発展していくところのものを持っているのです。非常に頭の回転が早く、常人の気づかぬところにもよく気がつきます。

そして行動も早いほうですが、一定のリズムを継続できにくい点がありますので、変人とも見られがちです。言葉を変えていうなら非常な自由主義者で、第三者の干渉を極度に嫌います。
したがってこうした面から、せっかくの運気を閉鎖してしまうことが少なくありません。多くは自分が先に立ってやるよりも、他人の知恵袋として最高の能力を発揮します。晩年になるほどよく、波乱の多い運気も、四十二歳を過ぎたころから次第に安定していきます。

七赤金星の人の性格判断

本命星が七赤金星になる人は、例えるなら金気の性質を持っている人です。 九星には金気の性質となる星が、六白金星・七赤金星の二種類あります。その中で七赤金星は、金属の塊というより、もう少し軽いお金(特に紙幣)のイメージです。

七赤金星の人を一言で表すなら、道楽者です。 金運に恵まれており、人生全般を通じて金銭的に困ることはあまりありません。 ただし、金運が良いと言っても、がっぽり稼いで財産を蓄えるといった傾向ではなく、 お金に困ることは少ないけれど、入った分だけ出ていくといった傾向の金運です。

仕事人間というよりは、美味しいものを食べたり、お酒を飲んで楽しんだり、趣味に没頭することなどに生きがいを見出すタイプでしょう。 何かを学んだり、習い事が好きな人も多いようです。

性格的には物腰が柔らかく、人当たりが良いでしょう。基本的に楽観的で人から愛される性格であり、軽い話題で周りを楽しませます。 軽率なところもありながら、どこか憎めない可愛らしさがあり、周りからの助けを得やすいでしょう。 例えば、仕事を失っても誰かから新しい職場を紹介されたり、自分ではこなせない仕事を抱えても誰かが手伝ってくれたりといったことです。

注意点を挙げるなら、七赤金星の人は、楽しみのためにお金を使うことを惜しまないところがあり、無駄遣いが多くなりがちです。 それが悪い方へ出ると、例えば、必要もないのにローンを組んで高級車を購入するなど、しなくても良い借金をしてしまうことがあるかもしれません。 人生を楽しもうとする姿勢は素晴らしいのですが、無理のない範囲で贅沢を楽しむようにすると良いでしょう。

また、仕事の手を抜いたり、怠け癖がついたり、慢心しやすい面があります。早めに仕事を引退して、人生を楽しみたいと考えている人もいるかもしれません。 もちろん遊ぶことも大切ですが、やはりそればかりではなく、仕事は仕事、趣味は趣味としてメリハリをつけ、時には自分自身を厳しく律することも必要でしょう。

七赤金星の人には、生まれ持った軽さ、明るさがあります。 多少うっかりした言動があっても、どこか許せてしまえる愛嬌を備えています。 難しく考え込んで深刻に悩んだところで世の中の諸問題が解決するわけでもなし、 ハッピーに人生を楽しむ美学を貫くのもまた筋の通った生き方でしょう。

女性は、流行に敏感で話好きでしょう。異性からの誘いに弱い恋多き女ですが、ジメジメと深刻な恋愛に思い悩むというよりは、軽やかに恋を楽しむことのできるタイプでしょう。

この年生まれの人は、色々な意味で波乱に富んでいます。子供のころから特別甘やかされて育ったか、口贅沢に育つことが多く、そのため頑健な人は少なく、胃腸が丈夫ではありません。
だいたいカンが鋭く、人の気持ちを察知することに優れ、しかも弁舌が立ちますから、その言動は良くも悪くも人に影響を与えます。

人を喜ばせる天性的な才能を持っていますので、どこにいてもよく目立つ存在です。従ってその場の雰囲気を明るく楽しくするといった人で、人々から好まれます。また自己顕示欲が強く、自尊心も人一倍ですから、無視されたり軽視されることに立腹します。この人は好かれる多くの要素を持ちながら、頭を下げたり、頼み込んだりすることに抵抗を感じるため、多くの好機を逃すことが少なくありません。

若年の頃からいろいろな面でませていますが、四十代になっても二十代、三十代の若さを保っているのがこの人で、服装も派手ですし、若い気分をいっぱいに持っています。この人の運気の特徴の一つは、異性によって生活に広い意味の恩恵を受け取ることです。つまり他の星生まれの人より、はるかに異性との関連性において、その人生が発展していくところのものを持っているのです。

非常に頭の回転が早く、常人の気づかぬところにもよく気がつきます。そして行動も早いほうですが、一定のリズムを継続できにくい点がありますので、変人とも見られがちです。言葉を変えていうなら非常な自由主義者で、第三者の干渉を極度に嫌います。したがってこうした面から、せっかくの運気を閉鎖してしまうことが少なくありません。

多くは自分が先に立ってやるよりも、他人の知恵袋として最高の能力を発揮します。晩年になるほどよく、波乱の多い運気も、四十二歳を過ぎたころから次第に安定していきます。

七赤金星の人の性格

非常に明るい享楽主義的な面を強く持っていて、人生のあらゆる面で楽しみを見つけ、実現していこうとします。ある時にはそれが度を過ぎて、仕事を放って享楽に溺れるということも少なくありません。
しかし、またすぐ立ち直るだけの反省心を持っています。この星の人は本能的といってよいほどカンが鋭く、批判力が発達しています。

そのため弁舌のさわやか、表現の自由さと相まって言葉のほこ先が鋭く他人の気分を害しています。しかし本人は悪気がありませんので、それを忘れてしまい、またまた失言をするとか毒舌を吐くという事態を招きます。しかし、また弁舌で相手の気持ちをほぐすという説得術に長じているのです。
自尊心が強く見栄っ張りなのもこの人の性格で、貌にあまり出しませんが、ひどく負けず嫌いで執念深いところを持っています。

経済的には意外にしまり屋のところがあるかと思うと、気分によってひどく浪費性を発揮します。つまり矛盾した二面を持っているのです。
朗らかで陽気かと思うと、急に陰鬱になるのもこの人の特徴です。つまり外見ほどのんきではなく、神経質で激しい面があることを示しているのです。
ただ野望が大きいわりに、実行がついていかないのがこの人の性格の短所です。企画したものを積極的に行動にあらわすといった処世態度がなければ、いたずらに夢想を描くだけに終わるでしょう。

七赤金星の人の体質

色白く、感覚がすぐれており、ことに味覚が発達しています。身体はさほど大きく頑健とはいえません。美食になれて慢性的に胃腸がわるく、多く猫舌で、口中の皮膚が弱い傾向にあります。神経が繊細ですので、神経衰弱やノイローゼにかかることが多く、また胸部疾患、腎臓病、性病、また歯や舌などの口腔疾患、血行不順などに注意が大切です。

七赤金星の人の恋愛運・異性運

一言でいって異性運は豊かで恵まれています。この人には天性的に性的魅力が備わっていて、格別の努力なしに異性が引きつけられるといってもよいかもしれません。
単に異性に恵まれているだけでなく、異性とともに恋を楽しむ術を心得ているのです。

異性を獲得することに熱心でもあるし、またそこに明るさや楽しさや喜びをつくりだすことに熱心です。女性も自分を飾り美化する術を感覚的に心得ていて、ひたすら相手に打ちこみます。
しかし、そうした仲にあっても女性は従順に徹しきれないわがままさを持っていて、つまらぬことからいさかいを起こしたりします。

それというのも、安易に恋愛に溺れるためでもあります。男女ともこうした軽率さが多少あって、これが異性運の欠陥部分なのです。
カンがよいわりに、異性の選択をあやまり、それが全般的な運勢に大きなマイナスをきたすのです。女性の中には、悦楽的気分からホステスになったり、愛人的存在に安住して結婚生活に入らない人が少なくありません。ともあれ、この生まれの人にとって、異性は運勢を大きく左右する役目を担うのです。それだけに慎重さと堅実さが、なにより大切といえるのです。

七赤金星の人の金運・財産

一生を通じて、この人は金銭に不自由のない運勢を持っています。貧しくなると入ってくるという運気の持ち主ですが、それだけにまとった大金にはあまり縁がありません。
入ったにしても浪費癖があって残らないのです。そうかといって経済観念がまったくないのではなく、必要と思えば惜しまず出すからです。
しかし多くは、その必要性も楽しみや遊びごとである場合が多いのです。要するにこの人は人生を楽しむために賭け、楽しむために浪費するという観念を人一倍強く持っているのです。

贅沢な性格です。ギャンブルではまず大きな成果は期待できません。やれば結局損をしたということに終わります。この人は金銭で財産づくりをするより、趣味を生かすなどして、もので残す傾向が強いのです。現金で持っていたがるのもこの人の性格ですが、できるだけ手元に置かないのがこの人のマネービルの秘訣といえます。
現金を持っているとつい気が軽くなって、先の見通しを考えずに消費するくせを持っているからです。晩年になるほど金運も向上し、波乱の多かった三十代までの運勢が安定することになります。

七赤金星の人の適職

この星は飲食の星といわれていますが、その意味から食堂、レストラン、バー、キャバレー、喫茶店、酒屋の経営及び勤務に適しています。
また弁舌に長じているところから、講演者、教師、宣教師、司会者、芸能人、弁護士、セールスマンに向き、金銭の星の意味から金融業、銀行、軽金属刃物業への従事、また歯科医師、趣味娯楽業一般に向きます。

七赤金星の人物像

この星は「口から先に生まれた」ようなタイプが多い。
弁説さわやか、かつ味覚に優れグルメ揃いだ。七赤金星の女性を妻にしている男性は、まず食事の面では満たされていることだろう。

性格は派手だ。社交性豊かな遊び好きで、世の中を実に上手に楽しむ。一度きりの人生であり、もっとも人間の目的にかなった星かもしてない。
遊びの合間に働くタイプと言っておこう。だが、人生それほど甘くない。

この本性のおもむくままに行動すれば、いつかは沢の水も枯れてしまうもの。水が枯れれば、オアシスにはならないのである。人も生き物も集まらない。傲慢さと浪費ぐせをいかに押さえ、他人と協調するか。社会の誘惑をどれだけ遮断できるか。若いときの浪費は買ってでもせよ!とはこの七赤金星に対する生き方を指したようなものである。質素堅実をモットーにしたい。

七赤金星の人の性格と運勢

生まれが七赤金星にあたるあなたは、先天的に「沢の性」が与えられている。
「微笑を浮かべた口もと」という意味のあるあなたの性格には、温和で人当たりの良い常識に富んだ社交性、その時々に鋭く反応する回転の速い頭脳、柔和でいて説得力のある雄弁性などがあげられる。

どんな強情な人でも物腰の柔らかい言葉で、相手が気づかないうちにうまく手なづけてしまうあなたは、駆け引きに富んだ世渡り上手なタイプである。
しかしあまり駆け引きに富み、雄弁すぎると、言葉に誠意がなくなり、万事に口先だけの軽薄才子として評価される恐れもある。

また見かけは温和でおとなしそうだが、内面的には気位が高くて、人を見下すような癖のある人もいる。
あなたに特に注意してほしいことは、生まれながらに金運はあるのだから、見栄っ張りな性格のためにつまらぬ散財をしないことである。また、生来の遊び好きな性格から、お金は相当入るが、残らないという妙な暗示がある。

しかしいささか派手で交際上手なあなたなので、多くの友人や有力な先輩に恵まれて引き立てられて、成功へのチャンスをつかむのは早いほうである。
最後にあなたにとって運を開くコツは、つまらぬ出費を避けるためにあまり見栄を張らないことと、たとえ駆け引きに富、交際上手であっても、その言動に誠意を持って、真に信頼のおける人間関係をつくり出すことだ。

ただ、享楽的性格が強く出すぎると、あなたは、ただがむしゃらに、仕事を放り出しても溺れ込んでしまうという悪い癖があるので、思慮を持って行動してほしい。あなたの性格にある二つの面は、常に矛盾した形で働いているのだ。望みを高く持つことは大いに結構だが、二つの性格をうまく利用していかないと、後で泣きを見ることになりかねない。

七赤金星まとめ

七赤金星の人は、人を差別しないで誰とでも交際し、頭の回転が早く、話し方も上手で弁舌もさわやかですから人の気持ちをつかむことは、他のどの星の人よりも勝っています。
外向的な腕前と人を惹きつけるものをもっていますから商売は巧みです。特に人間関係を主体とする商売には向いているでしょう。

しかし七赤金星生まれの人は粘りに欠けるので、商売でも、学問でも中途半端に終わることが多いのです。人によっては、やり抜く気力と才能を充分持っていながら、周囲の事情でやむを得ず投げ出さなくてはならなくなったりします。人一倍飲み込みが早く、進歩も早いので上の人には可愛がられますが、つまらぬ事から反発して失敗します。
なぜかといえば七赤は西北に遁甲した時に暗剣殺を持ちますから、気持ちの上では従順なのですが、運勢的に目上に逆らうものを持ってしますので。

六白と同様に大器晩成型でどちらかといえば晩婚型でもあります。九気の中では一番婚期が遅いといってもよいでしょう。少年の頃から多かれ少なかれ苦労をともないますが、独立の気を養う意味もあって、若い時の苦労は運勢的にはプラスになります。親のもとで大切に育てられるのは、帰って仇となります。

早く家を出て他人からもまれて育つ方が、この生まれの人にとっては将来のためになります。金運は強い方ですが、浪費するくせがありますから、財産を残すには良い協力者を得なくてはなりません。
しかし、騙されやすいのも又人一倍で、情にもろく、感情で行動し勝ちですから、吉方を上手に使って失敗のないような相手をみつけなくてはならないでしょう。
恋愛問題でも一方的に傷つく所があります。平生の考え方は非常識で、実利的な所を持っているのですが、一度、恋愛問題となると、常軌を逸した夢を持つからです。

whttp://kigaku.starcrawler.netより
www.geocities.jp/taketugu_suzuki/kigaku/02uranai/uranai.htmより

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでsponkyをフォローしよう!