ホーム > 占い > 九星気学占い > 2016年12月3日

【九星気学占い】八白土星の人の運勢・性格・恋愛運・金運・適職まとめ(干支別診断あり)

八白土星の運勢・性格・異性運・財産・適職をまとめてみました。

九星気学早見表はこちら >>>

八白土星(はっぱくどせい)とは

八白の八は四方八方の八で、展開する末広の意味があり、また説文に“八は分かれるなり。分別相背くの形に象る”といっています。
この八白の東北方は、冬から春が出発するところであり、冬に別れを告げて春に展開していくところです。
つまりこの八白を基点として、八方に広がっていくのです。新と旧が相別れ、相背いて広がって行くところです。
これを一日で示せば、午後一時から五時までです。すなわち真夜中から夜明けへと別れていくところです。

八白の白は、一白、六白の白と同じですが、意味が違います。一白の白は、ものの始まりの無であり、終わりの白です。六白の白は、ものごとが最高潮に達したときの白です。
この八白の白は、隣りあっている一白の終始の白の延長でもあり、従来のことに終止符を打って新たに展開していく出発の白です。白紙にかえったところです。

土星の土は二黒土星、五黄土星の土と同じではあっても、その性質は違っています。すなわち、二黒の土は万物育成の土壌であり、五黄土星の土は育成と腐敗の二面を持った強力な支配的土です。八白の土は二黒の静的な土にくらべて動的であります。陰から陽に変化しようとする土で、三碧の春の芽を中に蓄えているのです。

つまり八白土星は、終わりを告げたものが新たな出発に向かって動き出すものです。
また八白を、天然自然の形で示せば山であります。山は土の集積されてたものであり、そこに止まっていて高くなっているものです。
山は一つの頂きであり、終点であり、究極です。しかしまた次の山に至る出発点でもあります。山は高く、楽しみと憩いの場である沢を守るかのようにそびえて立っています。
寒風をまともに受けて厳然と立ち止まっているものです。それは新たな出発への堅い意志、強い姿勢を示します。そしてまた土をうず高く積み重ねて砦を形づくっています。
それは守備の構えであり、新たな出発点の根拠地でもあります。八白土星が山とともに家庭を表現している意味がここに見られます。

008_820x400

八白土星寅年生まれの人の基本性格

片意地で強情な面があり、欲深いのですが、その反面、自分の気に入った人には親切で、他人の面倒をよくみます。しかし気に入らない人に対しては冷淡な態度をとる質であります。
また非常に用心深く、辛抱もあり几帳面ですから、簡単に人を信用しないところがあります。
従って何事も他人任せにすることができない損な性格でもあります。晩年は運気が下がりますので、早くから建設的な企画や貯蓄を心がけて、40,50歳代の運勢期までに老後のことを充分に考慮しておいたほうが得策です。

八白土星巳年生まれの人の基本性格

あきらめが悪く、愚痴っぽいところがあります。また慎みなく交際をしますが、人の好き嫌いをするため、人によってはお天気屋に受け取られがちです。
取り越し苦労をするため自分本位に物事を考える質なので、人に反感を買うことがあります。しかし商売熱心ですからよく働き、責任をもって片付けて行きます。

また金儲けも上手で、自慢話が得意ですが、人によってはわがままにとられ、しかも他人の忠告を素直に聞き入れませんから、初年、中年の運気は苦労が多いようです。
新しいことをする場合はよい相談相手を見つけて行動すれば晩年は安泰となりますので、中年の盛運期に晩年の策を立てておくべきでしょう。

八白土星申年生の人の基本性格

生来器用で、物事を考案する才能は特に優れています。しかし強情で野心家の人が多く、諸事自分の尺度で物事を計るくせがあります。
従って人からはお天気屋に見られがちです。根は自尊心が高いので見栄や虚勢を張り、失敗しても泣き言はいいません。

また常に現状に満足することがありませんから、さらに勉強して新しい事を考えて気前よく前向きに行動します。
外面は交際上手で機運もききますから、人に好かれるタイプです。中年時代は盛運でありますが、晩年は衰運に落ち入り、寂しい境遇になりやすい傾向があるので呑気に構えず、盛運期の時期に財と地位を高めて、老後の安泰の基礎づくりに心がけておく必要があります。

八白土星亥年生まれの人の基本性格

青竹を割ったような性格で、淡泊で短気でありますから、何事につけても軽々しく着手したり、言葉つかいが荒いため失敗に終わる傾向があります。
従って地味で苦労性の多い人が多いようです。また割合自我を強く出すため他人との調和を欠く場合もありますが、他人におだてられるとコロッと態度が変わる面があるので、騙されやすい一面もあります。

しかし先き先きのことまで計画を立ててやるので、案外独立成功する人が多いようです。中年の後半に努力すれば幸運に恵まれますが、この幸運は長続きしません。
50歳を過ぎてから訪れる盛運を細心の注意をはらってキャッチし、対人関係を大切にして長続きさせれば、案外安定した生涯を送ることができます。

八白土星の人の性格判断

本命星が八白土星になる人は、例えるなら土のような性質を持っている人です。 九星には土の性質となる星が、二黒土星・五黄土星・八白土星の三種類あります。 その中で八白土星は、高い山のイメージです。 高みを目指し、様々なものを積み上げて貯め込みます。蓄財に長けた人も多いようです。

自信家で強固な意志を持っており、山のようにどっしりと構えてわが道を行きます。 忍耐強さがあり、多少の苦労は厭わずにひとつのことを貫いて継続していける人です。

土性の人らしく、粘り強く、何事も不屈の精神でやり抜きます。もし、事業などで失敗しても、やがて復活するだけの根性・底力を持っています。 基本的に仕事ぶりは安定しており、目上からの信頼も厚いでしょう。 実績を積み上げていくタイプで、最終的に大きな財産を築く可能性もあります。

包容力のある人で、欠点を含めて相手を受け容れられるだけの懐の深さを持っています。 性格的に落ち着いていて頼りがいがあり、第一印象に派手さは無くても、長く付き合うほどに良さを理解されるタイプです。

注意すべき点を挙げるなら、意志が強い分だけ、頑固で強情な人にもなりやすいでしょう。 人からアドバイスされても、自分が間違っている場合でさえ、なかなか自分の意見を曲げたがりません。 八白土星の悪い面が出ると、気難しく偏屈な気分屋になってしまうことがあるので注意してください。

また、おだてに弱い一面もあります。意外と単純なところがあるのです。 そのため、基本的には高みを目指したいと考えているのですが、お山の大将のようなポジションでも気分が良くなって満足する一面もあります。

また、土性の人は欲望が強くなりがちですが、八白土星の場合には何でも自分のものにしようとする強欲な面が出やすいでしょう。 基本的に何でも貯め込んで出したがらないところがあるのです。 倹約家であればこそ蓄財もできるのですが、その悪い面がでれば単なる出し惜しみにもつながります。 使うべき時には気持ちよく使うよう心掛けると良いでしょう。

どちらかと言えば、若い頃には苦労を重ね、人生の晩年になるほど運勢が花開くタイプです。 山登りに例えるなら、コツコツと登り続けているうちに視界が開けてきて、 気がつけば他の人々を見下ろす高みにいるといった運勢です。 人生で成功を収めるのは、結局のところ、場面ごとに態度を変えて器用に立ち回る人より、 八白土星のように少々頑固ではあっても一徹を貫ける人なのかもしれません。

この星の生まれの人は、人の後を受け継いでいく運勢が特徴です。すなわち父親の後を継承していくとか、先人の偉業を受け継いで新しい世界を開拓していくことです。
意志堅固で信念強く、小さなことには心を動かしません。頑固といわれようと一徹と評されようと、これと信じたことを守りますから、人間関係は円滑とはいえず、協調精神にも欠けるところからとかく人と争いがちです。自己を主張するあまり、自らの生命を犠牲にすることもいといません。

ときには狂信的といえるほどの熱血を燃やします。ですからその生涯は個性的で、激烈で、まことに印象的です。しかも自尊心強く、人の下位に甘んずることを嫌い、指導的立場を望みます。ですから、頭領となり先駆者となる人が少なくありません。またこの星の人には、現状に甘んじ、旧を守って前進しようとしない型の人がいます。

つまり保守的で旧体制的な人です。この人は閉鎖的であり、隠蔽的で、自己の世界に他人の介入をゆるしません。自分の城をがっちりと守って動かないのです。
そして内に強いものを持ちながら、めったにその強さをあらわさず、むしろ人と協調的態度をとります。

それでも社交的なものとはいえず、ただ温和な姿勢にすぎません。したがってその誠実なわりに社会的に無視されがちです。しかし、ときとして人が変わったように思い切った行動に出ることがあり、一念発起すると常人のとうていなし得ないことをやってのけます。これが、この人の運勢の特異な面を表します。

八白土星の人の性格

前述のように頑固といわれるほど意志堅固で、自我も、自尊心も強く、人と協調しているかのように見えてもけして本心から協調していません。自分の物心両面の砦を、人には委ねないのです。
あくまで自分のペースを堅く守って崩さないのです。闘争心もはげしく、あえて冒険も試します。

しかも気まぐれからではなく、堅い信念を基にしています。しかもこの人は古きを去り、新しき天地に向かって前進し伸展していく人ですから、異端者と目されたり、革命家、開拓者と見られるようなこともあります。この人は才知によって道を拓よりも、奮闘努力によって開拓します。
ですからこの星のうまれの人はセンスの鋭さよりも、努力の積み重ねによって才能を伸ばし、発揮していくのです。初対面の人とはなかなか打ち解けない面がありますが、それはこの人の人間嫌いを示すものではありません。

体裁をつくったり、世辞を言ったりするような社交家ではないのです。喜怒哀楽もあくまで自主的であることがこの人の行き方なのです。
だからあるときには自分だけの世界に閉じこもることを好みますし、そうした時間を持つことが多いのです。無欲のように見えて、けして無欲ではなく、むしろある目的に向かったとき異常なほどの欲望を示します。これがこの人の執念となって、常人のなし得ないことをやりとげさせます。教養がない人の場合には、度が過ぎて貧欲となり吝嗇となって、中傷や批判を受けることになりかねません。

八白土星の人の体質

肉付きがよいか、標準以上に体格の良い人が多く、運動神経はあまり優れた方ではありません。
血行不順、背、肩凝り、リウマチ、神経痛、動脈硬化など運動不足に関連のある病気、また鼻、手、足の疾患、便秘にも注意が必要です。また病気になると長引く傾向があり、持病化するので、早期に完全な治療の必要があります。

八白土星の人の恋愛運・異性運

ことに男性の場合は、どっしりと落ち着いたところがあり、いかにも信頼に足る様子がみなぎっていて、女性から頼りになる男性と見られがちです。
実際にこの男性は恋愛沙汰であわてたり、こせこせしたりしません。むしろ無感動といえるようなところさえ見え、女嫌いと思われがちです。

しかし、この人は女嫌いどころか、いったんその道に入ると異常な執心を見せ、けしていい加減なところでは妥協せず、相手をたじたじさせます。それほどタフな一面をもっていながら、相手の好き嫌いによって、人が変わったように無感動な態度をとることもあります。
なかには色欲に貧欲になって、ただ享楽のためにのみ奔走するようなドン、ファン型もいますがそうした行動の中にあっても、相手の誠意を無惨に踏みにじるといった冷淡さや非情さはありません。

要するに無邪気なわがままぶりを発揮するのです。しかし一般に、結婚に対しては意外と真面目な態度をもっていて、自分の砦を守ろうとするつよい意欲をもっています。
女性の場合は、恋愛を結婚に必ず結びつける傾向が強く、恋愛至上主義的な考えはほとんど持っていません。
ですから男性を選ぶとき、真面目、篤実ということを大いに重視します。しかしこの星の女性はだいたいにおいて自分が一家の切り盛りをする運気を持っており、悪くすると生別、死別の恐れも十分あります。

八白土星の人の金運・財産

若いうちから割合い金運に恵まれるほうで、思いがけないといえるほどまとまった額の金銭が入ってきますが、それをあまり嬉しくもない貌で黙って残していくというタイプが、この星の大部分の人です。そしてあまり派手にふる舞うこともないので、支出もさほどなく、気がついてみたら大きな額になっていたといったぐあいです。

しかもこの人は、それを安全確実な銀行預金にまわしたり、不動産に投資したりする経済観念を持っています。こうして循環的に収入となり残っていくのです。
中にはこれに吝嗇が加わって、強欲な貯め方をする人も少なくありません。またこの星生まれの人の中には、前述のような貯蓄型とはまったく反対に、一攫千金を夢見て大バクチを打つ人がいます。手元にあればあるだけの資金を動員して大儲けを考えますが、強引過ぎて失敗も少なくありません。強欲は怪我のもと、慎重に財産をキャッチするよう努めてください。

八白土星の人の適職

教育家、宗教家、僧侶、警察官、銀行員、公務員、学者など堅実性を必要とする職業。
また根性に自信ある人なら芸能、芸能関係に進出するのもよろしいでしょう。守衛、力士、番人といった面にも適職ですし、企業の経営にも敏腕を発揮する人がいます。

八白土星の人物像

従っていつまでも性格的に子供っぽさの残った人が多い。気が変わりやすく、一夜明けると昨日の約束を撤回する場合などが相手の信頼性を失う結果を招いてします。
人当たりは調子が良く受けがよいのだが持続性が欲しい。上司や先輩らには可愛がられる長所を生かすには、自分の意志を強固に持ち、一度決めたことは貫き通す気概が欲しい。

これが出来た人物は、例え本人に能力が無くとも信じられない出世が可能な星なのだ。本性として頭をもたげる気の代わりやすさに気付いたら、すかさず「イカン」と自分を叱りたい。
運命を磨くには、備わった資質をプラスに使うと言うことであり、短所は長所として発揮すべきなのだ。熱しやすく冷めやすいのも、長所と考えれば人生の障害物(女、酒、賭け事)にものめり込まない利点と思えば良いわけだ。

八白土星の人の性格と運勢

生まれ星が八白土星にあたるあなたは、先天的に「山の性」が与えられている。高く澄み切ったアルプスの山々を思い起こさせる生まれの星のあなたは、自我が強く、それでいて根は温和な気質、よく働き良く蓄える経済観念、見方によっては融通が利かないと思えるほど正直で沈着な行動力などの特徴がある。

あなたは一見取っ付きにくそうな印象があるが、実際に接してみると意外にも気さくで温和な人柄である。ところがこちらが油断していると、時にビックリするほど自己主張が強く強情なところをみせることがある。
しかし概してあなたの根はおとなしい人なので、一時的に自己主張してもしばらくするとすぐ落ち着いて自分自身に自信が持てなくなるのである。

また何事にも熱心で丁寧なのは良いが、いささか融通性に欠け、迷いが多く決断力がないところが開運の妨げになっているようだ。
だから万事に取り越し苦労が多く、疑わなくてもいいことを疑って迷ったり、あまりにも冷静沈着すぎて思い切りが悪く、せっかくのチャンスを失ったりしやすいのである。

最後にあなたにとって運を開くコツは、あなたは一生浮き沈みの激しい人生を送りやすいという暗示があるので、それを逆手に取って転業、転職をし、脱サラを試みるのも良いだろう。
そして万事に思い切りの良い行動力と柔軟な社交性、および一つの物事を長く保持できるだけの信念を養うことだ。浮き沈みが激しいということは、当然冒険を好むということである。気まぐれを実行すると大変な事態を招くこともあるが、なかなかどうしてこの星の人は、計画性と冷静さと努力によって克服できるのだから、たとえ落ち目の時でも心配はないだろう。
本人には安心感はないだろうが、しかし大丈夫、あなたは必ず奮闘努力して邁進することだろう。

八白土星まとめ

本命八白土星の人に共通する性格は、大体において内弁慶型です。内面的には非常に強情で短気な所がありますが、外面はソフトで付き合いもよく、優しい感じがします。
自分の信念には忠実で、どこまでも自分を通そうとします。人から強制されたり、意志とは反対の事を命令されると、断じて受け付けません。

人の好き、嫌いも激しいので、なかなか本当の心の許し合える友達を作る事ができません。ほとんど例外なく何らかの形で相続縁を持っています。相続といっても単に親の財産を継ぐといった有形のものにかぎらず、先祖の特質、才能、性格等、無形のものを継ぐことが多いようです。
女性の場合もほとんどの人が相続縁を持った人か、長男に嫁いでいます。結婚運も遅い方ですが、中には親や兄弟の身勝手のために自分が犠牲となって、婚期を失っている女性が沢山います。それなのに親や兄弟からはそれが当たり前の陽に受け取られて、感謝されたりしていません。

男性は艶福家が多く、大恋愛をしたりする割には、再婚型の傾向を持つか、孤独の人生を歩むなど、家庭的には淋しい人が多いようです。才能に恵まれ、多才多芸で、あらゆる分野に適します。直感力が鋭く、頭脳も緻密で信仰心も厚く、人をひきつける力を持っています。

また、人の気持ちも敏感によみとる事ができるので、宗教分野に進んでも人の頭となるでしょう。どんな方面でも自分が本当に好きな道を選ばなくてはなりません。しかし大きな組織の中では伸びませんが、自分が独立してやれば、人の上に立って伸びてゆくでしょう。
人生は晩年運です。若いときは父縁が薄いとか、家庭が不遇で苦労がありますが、晩年になればなるほど運気は強くなります。若いときの苦労が多いほど晩年は幸せになるでしょう。

whttp://kigaku.starcrawler.netより
www.geocities.jp/taketugu_suzuki/kigaku/02uranai/uranai.htmより

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでsponkyをフォローしよう!