ホーム > 占い > 九星気学占い > 2016年11月30日

【九星気学占い】九紫火星の人の運勢・性格・恋愛運・金運・適職まとめ(干支別診断あり)

九紫火星の運勢・性格・異性運・財産・適職をまとめてみました。

九星気学早見表はこちら >>>

九紫火星(きゅうしかせい)とは

九紫の九は数の中でも最高級であり、それ以上の数はなく、つぎに零となり新たに一から始まり再び九に至ります。すなわち九は極まる、最高、終極の意味があります。
古書にも“天地の至数は一に始まって九に終わる”とあり“九は極陽数なり”とあります。また“九を成天と為す”とあります。九星火星は九星の中の極まった、つまり最後の星で、一白で始まったものが九紫で終わりさらに一白に還元するのです。つまり九と一は最も距離をおいた数ではあるが、裏表をなしていて、すぐ近くに存在しあうといえるのです。

九紫の紫は、東方の青と西方の赤が融合されて生まれる色であり、火炎の最も旺盛なる色でもあります。また紫は至高、至尊の色でもあり、紫言、紫宸殿、紫雲、紫服、紫都等々すべて最高位の意味を持っています。したがって九と紫とは、両者にわたって最高の意であり、この星の尊さをいっているわけです。

火星の火は、物体が燃える火炎だけをあらわすものではありません。小さな灯火から電灯の照明、天空に輝く太陽まで、あらゆる熱と光とを持ったものの象徴としてあるのです。火は物体を燃やし、溶かし、そして放つ光は辺りを明るく照らし、ものの形を明瞭にします。九紫火星は季節でいえば夏であり、一日でいえば日中です。

太陽の輝く真昼です。場所でいえば熱帯地方です。すなわちこの星は、火が持っているすべての作用や象徴を持っているのです。明るさ、美しさはいうまでもなく、ものの善悪、良否を判断する知恵、生活を照らす文明、文化、美術、文芸など美術、装飾、宝石、美容など。あるいは世情を明らかにするマスコミ、新聞、雑誌、手紙、文章も火の特徴です。
さらにまた、燃え移ってゆく火の特質から、付着し、離れる意味もあり、燃え上がる形から情熱、消火から立消え、熱しやすく冷めやすいなどの意もあります。このような火の特性から九紫火星の運勢が生じていくのです。

009_820x400

九紫火星で丑年生まれの人の基本性格

積極的に働き、派手好みで交際も上手にやりますが、物事を簡単に片付けたり、気分的にムラがあるため、熱しやすく冷めやすいと言われます。
自分の仕事は熱心にやりますから、目上からは重宝がられ、かわいがられます。金銭面はしっかりしていてケチで、強情な態度をとりますが、反面呑気なところもあります。

また親子の縁が薄い人がおります。47,8歳頃より53,4歳頃にかけて色情の問題が生じやすく、散財して失敗することがあります。元来この星生まれの人は晩年運なので60歳を越えるまでに財を築いて、巡ってくる盛運に乗って安泰をはかるとよろしいでしょう。

九紫火星で辰年生まれの人の基本性格

自尊心が強く派手好みのため、外見は見栄を張り、体裁をつくろいます。またヤキモチ屋で、利己主義なところがあり、短気です。
しかし物事は建設的で仕事熱心なところがあり、利害関係をうまくこなすので、1つの事業を成し遂げる素質に充分恵まれています。ただし人によっては非常に呑気で用心深く、自己本位のわがままな人もおります。
中年期に本来の派手好みや交際上手から失敗し、40歳以前の成功が水の泡となることがありますから注意してください。また晩年運でありますから、60歳を越えて訪れる幸運を取り逃がさないように心がけましょう。

九紫火星で未年生まれの人の基本性格

正直で信仰心を持っているのが特徴でありますが、何事に対しても古い習慣に従って改めなかったり、決断力に欠け潔癖性なところがあります。
機転はよくきくが、行動は敏速ではありません。従って片意地で融通性がないのが欠点であります。
また外見は派手で世話好きなところがあり、内面は地味で几帳面さと忠実性を持っていますから、家庭を大切にします。初年は非常に心労が多く、中年頃より次第に吉運に向かい、57,8歳頃は運気も長上期となりますから、これまでにしっかりと努力精進して、晩年の基盤を作るように心がけることです。

九紫火星で戌年生まれの人の基本性格

高慢でうぬぼれが強く、自分本位に物事を考えたがりますから、他人の忠告は聞き入れず、自己主張が強く、言葉づかいが荒いです。また簡単に人を信用しません。
派手好きで体裁や見栄を張りますが、その反面計算高く、ケチくさいところがありますから、人に反感を持たれます。
しかし行動は真面目で仕事に励み、適当に目先が利きますから、目上の人にかわいがられます。また家庭を大切にし、やり始めたら粘り強いところもあります。

従って人を見下すことをせず、堅実に自己発展に努力すれば人望を集め、思いがけない後援者が現れることもあります。
35,6歳頃になってよい機運が巡ってきますから、虚勢を張らずに晩年のために努力すればそれが基礎となって、着実に発展して行くことができます。

九紫火星の人の性格判断

本命星が九紫火星になる人は、例えるなら火のような性質を持っている人です。 九星では火の性質となる星は、この九紫火星だけです。
九紫火星の人は、火のように陽気で明るい人でしょう。 派手好みで美を追求するこだわりを持っています。

好奇心旺盛で先見性に優れたアイデアマンです。 アタマの回転速く、機を見るに敏で、勢いに乗って燃え広がるように発展します。 流行に敏感な情報の発信源であり、火が風上から風下へと燃え広がるように、他の人々に影響を及ぼすこともあるでしょう。

高い理想を持ち、しっかりと自己主張が出来る人でもあります。様々な人と活発に交流して、人と刺激し合える社交家で、いつも輪の中心にいるタイプです。 グループのリーダーなどのポジションに就く機会も多いかもしれません。
金遣いは派手ですが、お金の流れが途切れにくく、使った分だけ入ってくる比較的強い金運の持ち主です。 やり方次第では、手がけたビジネスが成功するなどして、大金を掴める可能性を秘めた人です。

短所を挙げるなら、好き嫌いの激しい気分屋で、ちょっとしたことでカッとなりやすいところがあります。 勘が良く勢いがあるのは長所でもありますが、何か大事な決断をする際には、 人の話をよく聞いて事実を確かめたうえで、冷静なアタマで判断するように心掛けると良いでしょう。

また、上昇志向や自己主張が強く名誉運もあるため、中心的な目立つポジションに就く人が多いのですが、 一方で、虚栄心が強く目立ちたがり屋な面があり、意味の無いところで見栄を張ってしまうことがあるかもしれません。 自分を飾ることは決して悪いことではありませんが、やはり「過ぎたるは及ばざるがごとし」です。 ほど良い加減の飾り方・目立ち方を身に付けられると、九紫火星らしい華やかさ・センスの良さがより一層引き立つでしょう。

中年期にもっとも運勢の勢いが良くなる中年運の人です。 若いころには、エネルギーに溢れ、積極的に人と交流して、何でも挑戦したがります。 その結果、中年期くらいにはある程度の成功を収められる可能性が高いでしょう。 そのような、ある意味せわしない性格も晩年には落ち着いてくるでしょう。

九紫火星の人の場合、若いころから中年期くらいまでに、何に挑戦してどのように活動するのかによって、人生の成功度合いが大きく変わってくるでしょう。 ここ一番では大胆に勝負して一気に上昇気流に乗り、重要な場面では感情に流されずに冷静に判断するという具合に、 大胆さと冷静さを両立させられるようになると人生で成功する確率が高まるでしょう。

九紫火星の人の運勢

若いときから、この人はよく人の目に立ちます。男性もどことなく女性的で、服装や持ち物などにも特別気を配り、おしゃれで見栄っ張りです。
男女をとわず美貌の人が多く、また頭脳も冴え、文芸美術方面に興味と関心と才能を持っていますから、いわゆる派手な存在として注目されるのです。
見栄や体裁をつくるために、生活の最も大事な地味で堅実な部分を忘れ、表面に終始しますから、軽率で、実行力なく、上長、先輩などの信頼が足りません。

感覚的に優れているため、ものごとに感動しやすく、熱血を燃やしますが、それをどこまでも継続していく持続性に欠けていますから、運気にむらがあり安定性を欠くことになります。
また、この人は他の星の人に比べて親友というものがはるかに少ないのです。というのも、この人は負けず嫌いで自尊心が強く、自分と同等とか優位の者に対して明らかな対抗意識を燃やすからです。そしていつも自分が主役になることを浴して、人と争いを起こします。

交際を始めるのも早いが、別れるのも早いというのが対人的な特徴です。しかも深く付き合うより浅く付き合っているときの方が、この人は人気があり人望があります。
表現力が豊かですから、相手を自分のペースに引き込むことは上手ですが、それがかえって不信感のもとになりやすいのも、この人の巧言令色のせいです。

実意こそ大切なのです。若いうちは個性的で、とかく欠点があっても人気を得て順調ですが、この人は中年運で、五十歳を過ぎると恵まれることが少なくなります。したがって四十代までに、確固たる晩年の基礎を築いておかなくてはなりません。ともあれ、この星の人は自分の特質をよくわきまえ、ものごとはほどほどにして、極端に走らぬ注意が必要です。早合点や性急のために、順調に発展すべき運勢を一朝にして失うようなことになるとか、高望みをするあまり、かえって運気が渋滞するといったことが多いのです。

九紫火星の人の性格

前述のとおりこの人は見栄や体裁を飾り、派手好きでしかも贅沢な性分です。どんなに金銭的に乏しくとも、身を飾ることを忘れませんし、服装や装飾をおろそかにしません。
それだけにこの人にはすぐれた美的なセンスがあります。しかし反面では、表面をつくろって内面の充実に不足するところがありますから、ものごとがかけ声だけに終わることも少なくないのです。

男女ともに軟弱なところがあるかと思うと、怒ると文字通り烈火のごとく怒り、心頭に達し、極端な言辞を弄します。しかし、長く怒っておれず、秋の空のようにすぐ一転して青空に変わります。これが色々な面に共通していますので、ときには大事をないがしろにして信用を失うこともあります。

また自分が派手で贅沢であるところから、人の評価もその観点からする傾向があり、貧しい服装や風体の人を軽視し、蔑視するところは感心できません。また、頭脳明晰のために、とかく他人の欠点、弱点を指摘したり、つつき出したりすることがうまく、そのため人間関係の破局を招きがちです。

また過ちを犯しても素直に謝らず、あれこれと弁解に勤めることも人一倍ですから、かえって逆効果となります。自分のなわばりをがっちりと決めて人を寄せ付けないのもこの人の性癖で、ことに女性は独占欲が強く、病的なヒステリックになったり、極度のお天気屋が少なくありません。この人に必要なのは温和な対人感情であり、融和しようという協調精神で、それがこの人の知恵を十二分に発揮し開運する道であるといえましょう。

九紫火星の人の体質

頑健な体質でなく、むしろ腺病質の傾向が強いのです。目が美しく小ざっぱりとしているか、清浄な感じを持っていますが、性急で頭脳的な人ですから、逆上したり神経衰弱、不眠症にかかることが多く、また精神分裂症状が出たりします。眼病、心臓病もこの人の注意すべき病気です。女性は、乳腺炎、便秘症、ヒステリーにかかりやすく、ひどく気分にむらがあります。

九紫火星の人の恋愛運・異性運

とかく異性から注目され、騒がれる運勢で、スキャンダルをまき散らさないまでも、なにかと噂の種をふりまくほど艶福家です。
早熟で恋愛感情が鋭敏で、若くして恋人を得、相手の気持ちを見抜くのも敏感ですから、機に臨んでの変わり身が早く、また弁舌巧みに胸中に飛び込みます。
そして派手な付き合いをしますが、永続しないのが特徴です。蝶が花から花へ移るように異性を遍歴しますがとことんまでほれぬくところがありません。

一時は情熱的に見えても、間もなくさっぱりと縁を切ったりするところは困ったものです。自分はたやすく相手を捨てることはしても、相手に捨てられると狂気のように騒ぎたて激しく攻撃し、ヒステリックに感情をむき出しにします。独占欲、嫉妬心も人一倍強く、ときには刃傷沙汰に及ぶこともあります。

それでいて自分は一人でも多くの人からもてはやされることを望むたちで、深く落ち着いた関係を味わうというゆとりが足りません。
男女とも好色ですが、それに比してタフさがなく、むしろ頭脳的ドン、ファンといえましょう。

九紫火星の人の金運・財産

金運は弱くありませんが、抜群の強さもありません。しかし一生金銭に困るようなことはないでしょう。
この人の金銭に対する執着は、多分に他人との競争心によるもので、同僚より給料が安いといったことについては、決して容赦しません。

余裕があれば、服装や装飾品や趣味に惜しげもなく出費しますので、年とともに蓄えが増えていくといった順調な財産づくりができないのです。
出たと思ったら入り、入ったと思ったら出ていくといったふうに、常に定まらないのがこの人のふところ具合なのです。それでいて物質欲は非常に強いのですが、どこまでも体裁よく、かっこよく儲けようという気分があるために、いつも大魚を逸しているといった具合です。ギャンブルは嫌いではありませんが、執念が足りませんのでまず儲けることは望み薄です。

この人の金運は、むしろ仕事の発展にしたがって自然に流入してくるように工夫することが有効です。また贅沢趣味を改めなければ、一生財運の不遇を口にしなくてはなりません。

九紫火星の人の適職

表現力、自己顕示欲の強さから政治家、外交官、裁判官、弁護士、美術家、文芸家、俳優、芸能人、新聞記者、編集者、デザイナーなどはうってつけです。
また美容師、理容師、園芸家、装飾業、広告宣伝業、鑑定家、易者、計理士なども適業です。
この人はどんな職業でも、自分が目立つ存在であることを浴します。またその様な立場にあれば手腕を発揮できるのです。

九紫火星の人物像

この星の意志を受け継ぐ人間に共通しているのは「常に自分が正しい」「自分が上位なんだ」の二点が植え付けられていることにある。
現実に他人周囲からもそう接するムードを漂わせてもいる。
だがよくしたもので、九紫火星の人全てがそれほど優れた人ばかり揃っているわけでもなく、宿命として背負わされたものが(思い上がり)として発揮されると、まず誰もがそっぽを向くことになるのは当然だ。唯我独尊。しかも他人の弱点を探しては見下す他人関係のあり方をいかに改めるかが運命の磨き方なのだ。

上司、部下、後輩、同僚、を全面に押し出し立ててやる。意識して“裏方”に徹し、さりげなく振る舞う。決して手柄を自分のものにしない。
他人のために何かしてやれるかに腐心する。黙っていても頂点に押し上げられるように宿命づけられているからには、自ら他人を踏みつけてのぼる必要はないことを悟ることだ。人当たりは明朗活発、ウイットに富み大変人気を集める特技の持ち主なのだから、心から歓迎される人間形成に努める生き方を期待したい。

九紫火星の人の性格と運勢

生まれ星が九紫火星にあたるあなたは、先天的に「火の性」与えられている。激しく燃え盛る夏の太陽のもとに生まれたあなたは、常にじっとしていられない陽気で活発な行動力、美しいものに対する憧れの強い明敏な知性、変幻自在の駆け引き上手な社交性などをこの星から授けられた。 

この星の生まれの人には二つのタイプがある。外見は教養があり常識に富んでいるように見えながら、実際は中身が空っぽだったり、見かけはそれほどでなく、むしろ愚かしく思える人が非常に聡明だったりして、概してこの星の生まれの人は外見と内面が伴わないようだ。 

なぜこういう傾向が出てくるのかというと、この星生まれの人は、それほど社会的地位や経済力がないくせに、生来の派手好きと虚栄心から、外見を妙に気にして飾りたがるのだ。また常に自宅でじっとしていられないで、暇をつくっては外出する癖のあるあなたは、雄弁で社交性があって金離れが良いから、世間の評判は良いのだが、逆に家庭がおろそかになってしまい、後で悔いるようなことになりがちである。 

最後にこの星生まれの方には、社交的にも経済的にも家庭的にも、すべての点で恵まれているタイプと恵まれていないタイプとの運気の差が極端にあるので、あなたがどちらを選ぶかはこれからの行動の如何による。

特に短気な点と移り気で自分本位な性格を改めることだ。恋にも仕事にも飽きっぽくて、浮気性なあなたは、多情多恨の生涯を歩みやすく、なかには、生来のギャンブル好きから仕事も家庭も放り出して、放蕩三昧になる人もいるので注意が肝心だ。 

もう一つ注意してほしいことは、あなたは論理的な会話を好んだりするが、その明晰さから、相手を傷つけたり、中傷ととられたりして、対人関係で失敗することがある。その点に気をつけて、過ちと気づいたら我をはらずに素直に謝ることである。

九紫火星まとめ

本命九紫火星の人の共通点をあげれば、非常に直感力が鋭く、敏感な事でしょう。気位が高く、気が強いのでしばしば失敗をします。
表面でしか物事を判断しないクセがあり、とかく感情に走り勝ちです。

気分的にムラが多く、独りよがりや軽々しく独断で事を行うので孤独になり勝ちです。しかし、そうした欠点は是非とも良い協力者を得て、持ち前の社交性と包容力を発揮して、おぎなってゆかなければ、晩年は非常に淋しい運命をたどる事になります。

何といっても粘りが足りなく、無責任に途中で物事を放り出す所があります。しかし時としては素速い方向転換で大ケガに至らない場合もあります。
決断力は抜群ですから幅の広い知識、深い教養を身につければ、人から仰がれる様な地位に恵まれます。

個性が強く、派手な性格で、人の心をつかむのが上手であり、表面に立ちたがる傾向がありますから、芸能界では成功するでしょう。異性関係は派手に恋愛をします。多情多感でいつでも身を焼く様な恋を求めてやみません。そのくせ、一度熱がさめるとケロッとして、自分は傷つかず身をあやまることもありません。

結婚生活は、とりわけ女性の場合は初婚に破れる事が多く、若くして死別、生別となり勝ちです。親子の縁も薄い人が多く、幼小の頃から別居したりする人が多いのです。
これも女子は特に父との縁が薄く、たとえ一緒に暮らしていても相互に理解しにくい面があります。母親とは縁が深く終生ともに暮らしますが、これとも仲むつまじい関係とは言えず家庭的には不幸です。

自分がたどった家庭的に不遇であった運命を、また子供にも背負わせる宿命を持っています。その上自分の子供には頼られず、養子に頼ったりして晩年を過ごします。

金銭運は強いのですが、先の事を考えないで派手に使いまくるので、後になって困る事があります。このホシの人は晩年運ですから、中期に運勢的に強くなり、盛んになった時に将来の事を考えて進退をあやまらないようにしなければなりません。考えようによっては中年期に一勢に花が開く様な、素晴らしさを持っているのですから、自分の欠点を知って、周囲の人と和をはかり、協調してゆけば、晩年になってこのホシ特有の孤独に泣く事もないでしょう。

whttp://kigaku.starcrawler.netより
www.geocities.jp/taketugu_suzuki/kigaku/02uranai/uranai.htmより

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでsponkyをフォローしよう!