ホーム > ニュース > エンタメ > 2016年11月12日

トランプって何者?ドナルド・トランプ大統領の経歴やプロフィール、結婚歴から子供まで

大方の予想を覆し、まさかまさかの大逆転で第45代アメリカ大統領に決定したドナルド・トランプ氏。
歴代大統領の中では議員や州知事、市長等の政治家としての実務経験もなく、軍人にもなった経験もない人物が大統領になるのはアメリカ建国史上初という事。

そんな異色中の異色であるトランプってどういう人なの?
そう感じている人も多いのではないでしょうか?ドナルド・トランプという人物について経歴や家族、プロフィール、結婚歴までまとめてみました。

結婚は3度、破産は4度

2度聞きしたくなりますよね?なんと結婚は3度、破産は4度経験しています。
波乱万丈過ぎるトランプ氏の生い立ちから生涯。

大統領選挙に立候補するのは2度目での当選。
いったいどんな人物なのでしょうか?

ドナルド・トランプのプロフィール

ドナルド・トランプ

名前:ドナルド・ジョン・トランプ(Donald John Trump)
生年月日:1946年6月14日
身長:191cm
職業:実業家・作家
出身:アメリカ合衆国ニューヨーク州
出身大学:ペンシルベニア大学ウォートン・スクール

政党:共和党 (2012年 – 現在;2009年 – 2011年;1987年 – 1999年)

過去の所属:
無所属(2011年 – 2012年)
民主党 (2001年 – 2009年;1987年以前)
アメリカ合衆国改革党(1999年 – 2001年)

トランプの前妻・現在の妻まとめ

1回目の結婚 イヴァナ

イヴァナ・トランプ

元ファッションモデル(結婚期間:1977年 – 1992年)

学生時代にスキー選手として活躍した後、カナダへ移住。やがて、モントリオールでモデルの仕事をスタート。
札幌オリンピックにおけるチェコスロバキアのアルペンスキー補欠選手を自称している。

仕事で訪れたNYでドナルド・トランプ氏と出会い結婚。彼の不動産業を手伝い、インテリアのデザインなども手がけた。

1977年4月、ドナルド・トランプと再婚。彼との間に、ドナルド・トランプ・ジュニア、イヴァンカ、エリックの3子をもうけた。

トランプ氏の最初の妻で、2男1女をもうけた。92年にトランプ氏の浮気が原因で離婚した。

慰謝料を巡って裁判で泥仕合となり、衆目を集めた。
慰謝料は2億ドルの現金、14億ドルの土地、フロリダ州パームビーチにある邸宅などであった。

イヴァナ・トランプ

その後は、やり手の女実業家として活躍。
私生活でも24歳年下のロッサノ・ルビコンディと再々々婚。3億ドルをかけた披露宴に、元夫のドナルドを含む400人の客を招待した。

2回目の結婚 マーラ・メイプルズ

トランプ 前妻

女優・司会者(結婚期間:1993年 – 1999年)

1991年、トランプ氏は、妻イバナさんの目を盗んで浮気に走った。
その相手が、米女優のマーラ・メイプルズさん。

イヴァナと離婚後に二人は結婚、著名人を集めた豪華挙式を行った。
結婚式は総額200万ドル(約2.5億円)の費用をかけた盛大なものであった。
しかし、女優のマーラ・メープルズと結婚し1人の子供を授かるが、1999年6月8日に離婚した。

1番目の嫁イヴァンナは、離婚に際して慰謝料30億円近くを受け取ったのに対し、マーラメープルはわす”か2.5億円で離婚をしている。

3回目の結婚 メラニア・クナウス

トランプ 奥さん

現在のトランプの奥さんの経歴・プロフィール

スロベニア出身の元ファッションモデルで現在の奥さんですので、トランプ氏が大統領になればこの方がファーストレディになりますね。
年齢は46歳という事ですので、24歳年下という事です。

モデル時代は複数のモデルエージェンシーと契約する程の売れっ子で、vogueの表紙を飾るほど。
そのうちの一つはドナルド・トランプ氏が経営する「Trump Model Management」でした。

モデル時代のトランプ婦人

1998年、パーティーで出会った2人は、2005年に結婚します。結婚式には、多数の有名人が出席しており、当時上院議員だったヒラリー・クリントンと元大統領のビル・クリントン夫妻も招待されました。
2006年、メラニアは長男のバロン君を出産。ドナルド・トランプ氏にとっては、5人目の子供となります。

メラニアの学歴詐称疑惑とは?

リュブリャナ大学の建築学科を卒業したと公開されておりましたが、その後は卒業していない事が判明!
モデル業に専念する為に中退していたという事です。

トランプの子供たちとは

最初の妻であるイヴァナとの間にできた子供

ドナルド・トランプ・ジュニア(不動産会社 副会長)
イヴァンカ・トランプ(モデル・実業家)
エリック・トランプ(実業家)

トランプ 子供

2番目の妻であるマーラ・メイプルズとの間にできた子供

ティファニー・トランプ(モデル)

ティファニー・トランプ

現在の妻であるメラニアとの間にできた子供

バロン・ウィリアム・トランプ(イケメン・可愛いと評判)

トランプ 息子

トランプ一家の家系図

トランプ 家系図

3度の結婚もモデル→女優→モデルの奥さん。

過去には美女テニスプレイヤーとして有名だったガブリエラ・サバティーニと交際。
前仏大統領ニコラ・サルコジの夫人で女優・歌手のカーラ・ブルーニとも付き合っていたという事です。
女性遍歴も凄いですね。

子供たちも美男美女であり、華麗なる一族という感じです。。。

ドナルド・トランプの資産は?

過去に4度の破産を経験しているものの、大富豪として知られるトランプ氏。
アメリカの経済誌フォーブスの世界長者番付2016年版によると、トランプ氏の資産は約45億ドル(約5000億円)となっています。
トランプ氏自身の発言によると100億ドルを超える資産を持っているともいわれています。

ドラルド・トランプの経歴(年表)

1946年 0歳
父フレッドトランプと母メアリーアンの5人兄弟のうちの4人目の子(次男)としてニューヨーク市にて生まれる
やはり裕福な家庭の生まれ

1953年 8歳
フォレストヒルズ地区の学校から、素行不良で軍隊式の学校ニューヨークミリタリーアカデミーに転入

少年期のトランプは、クイーンズ区ジャマイカ・エステートのミッドランド・パークハイウェイ沿いで育って暮らし、13歳までは父が運営委員を務めるフォレスト・ヒルズ地区の学校に通っていたが、素行不良のためニューヨーク・ミリタリー・アカデミー(陸軍幼年学校の1つ)に転入させられた

1964年 19歳
地元のフォーダム大学入学

1968年 23歳
ペンシルベニア大学ウォートンスクールに編入後に卒業
※大学院に進学しなかったため、MBAは取得していないとのこと。

1968年 23歳
父の経営する不動産会社エリザベス・トランプ・アンド・サンに入社

1971年 26歳
ベトナム戦争 徴兵免除

1972年 27歳
父の不動産会社を受け継ぐ

1976年 31歳
コモドアホテルを買収、グランドハイアット・ホテルとして改装し成功

1977年 32歳
 1回目の結婚イヴァナ・マリエ・ゼルニーチコヴァーと結婚

1983年 38歳
 トランプタワーを開業

1987年 42歳 トランプ自伝を出版
トランプ自伝―不動産王にビジネスを学ぶ (ちくま文庫)

1988年 43歳
 プラザ・ホテルを買収

1988年 43歳
不動産事業から視点を広げ政治家として出馬を模索し始める。

1988年 43歳
イースタンエアシャトル社のシャトル事業を買収

1989年 44歳
自らCMに出演し大ヒットをもくろんだボードゲーム トランプ・ザ・ゲームを発売

1989年 44歳
テニスプレイヤー ガブリエラサバティーニと交際
(一応、イヴァナ夫人と結婚中です)

1990年 45歳
不動産バブルがはじけ90億ドルもの負債を抱える

1991年 46歳
前仏大統領サルコジ氏の夫人のカーラ・ブルーニと交際
(一応、イヴァナ夫人と結婚中です)

この年に1度目の破産申請をしています。

1992年 47歳
タージ・マハルなど経営する3つのカジノが破産(2度目の破産申請)

1992年 47歳
1人目の夫人イヴァナ・マリエ・ゼルニーチコヴァーと離婚

(2番目の夫人となるマーラ・メイプルズとの浮気が発覚)
ドナルドトランプ氏の生涯の前半は、不動産王になり事業も拡大し、女性もより取り見取りの状況で、人生の絶頂を謳歌していたところ日本のバブル崩壊前後のタイミングでアメリカでも不動産価格が下落し、事業は破産、奥さんとは離婚するという頂点からドン底を迎えます。

1993年 48歳
2人目の妻となる女優のマーラ・メイプルズと再婚

1994年 49歳
エンパイアステートビルを買収

1995年 50歳
複数の銀行の支援を基に不動産の好景気に乗り復活を遂げる

1996年 51歳
ミス・ユニバースの所有権を取得する。

1999年 54歳
ファッションモデルのマネジメント会社を設立

1999年 54歳
2人目の妻マーラ・メイプルズと離婚

2000年 55歳
改革党から大統領選挙に出馬するも敗退する。
ただし、不動産業など事業の宣伝効果が絶大にあった。

2001年 56歳
ニューヨークトランプワールドタワーが完成。

2001年 56歳
民主党に参加

2004年 59歳
トランプ大学を開校(2010年に閉校)

2004年 59歳
人気番組「アプレンティス」(弟子募集)の放送開始
トランプ氏が起業家志望の人のジャッジをして大人気になる
アメリカ版マネーの虎ともいわれる番組
この番組でトランプ氏は大衆に一気に人気が出る

2004年 60歳
アメリカ大統領選挙に出馬をほのめかすも断念

2004年 60歳
カジノ事業の総額18億ドルの負債で3度目の破産申請

2005年 61歳
3番目であり今の妻であるトランプ氏と年の差24歳の
ファッションモデルのメラニア・クナウスと結婚

2006年 62歳
メラニアとの子供のバロン・トランプ 誕生

2006年 62歳
トランプウォッカ発売開始

2006年 62歳
旅行サイト『go to Trump.com』をリリース(1年後に運営終了)

2007年 63歳
「アプレンティス」の出演が認められハリウッドに手形プレートが飾られる

2007年 63歳
『トランプスタイル』『トランプワールド』を統合して自ら運営する雑誌を創刊(2年後には廃刊)

2007年 63歳
トランプステーキを通販にて販売開始(2か月で販売停止)

2009年 65歳
カジノなどを経営するトランプ・エンターテイメント・リゾーツ社の破産申請、トランプ氏4度目の破産申請

2009年 65歳
共和党に参加

2011年 67歳
共和党を出て無所属になり、大統領選に出馬をほのめかすが結局断念

2012年 68歳
共和党に戻る

2015年 71歳
大統領選への出馬を表明

2016年 72歳
11月8日 アメリカ大統領選挙にてヒラリークリントンに勝利

日本にも影響?トランプの政策や方針とは?

1.アメリカ孤立主義

トランプ氏の政策の根幹を成すのがアメリカ孤立主義です。アメリカ孤立主義は「世界がどうなろうとも、アメリカには関係ない。アメリカのことだけを考える」という思想です。アメリカ第一主義ともいいます。

アメリカはこれまで世界中に大きな影響力を持ち、「民主主義を世界に浸透させる」「世界の警察」といった役割を果たしてきました。トランプ氏の考えでは、今後アメリカがその役割を担う必要はなく、アメリカはアメリカのメリットのことだけ考えれば良いとしています。

2.駐留米軍の費用負担増額

駐留米軍は日本やドイツに約5万人、韓国に約3万人います。日本や韓国は現在、米軍の駐留費用を「半額」負担していますが、これを「全額」にすることを要求しています。トランプ氏は、この要求が通らないなら、駐留米軍を撤退させるといった趣旨の発言もしています。

3.不法移民の強制送還

現在アメリカには1000万人以上の不法移民が滞在しているといわれています。トランプ氏はこれを強制送還させるという公約を掲げています。トランプ氏の「メキシコとの間にメキシコの資金で壁を作らせる」という発言は、不法移民を徹底的に排除するという意志が込められている象徴的な言葉なのです。

4.TPP離脱

TPPに関してはクリントン氏も難色を示しているものの、オバマ政権時に承認された事案に対しては容認の構えをみせています。一方トランプ氏は、TPPの離脱を表明しました。大統領に就任したら現行協定を破棄して各国と再交渉するとしています。海外からの輸入品に多額の関税を課し、アメリカ国内でアメリカの物が売れやすいようにしようとしています。

5.パリ協定離脱

パリ協定は、21世紀後半には温室効果ガスの排出を実質的にゼロにすることを目標に約200ヶ国が合意した協定です。トランプ氏は自身が大統領になれば、アメリカはパリ協定から離脱すると宣言しています。

6.オバマケア撤廃

オバマケア(医療保険制度改革)はオバマ大統領が実行に移した代表的な政策の1つです。実行後も賛否ある施策ですが、トランプ氏はオバマケアそのものを撤廃することも公約にしています。

7.イスラム教徒の入国禁止

トランプ氏は「テロ問題が解決するまでイスラム教徒のアメリカ入国を禁止する」といった趣旨の発言もしています。明確な差別発言として大きな非難を集めました。

などの重要な7つの方針を上げています。過去に類を見ない大統領の誕生。どんな大統領になっていくのか世界が注目しています。

トランプ氏のカツラ疑惑とは?

あきらかにカツラのようなヘアースタイルをしているので、カツラでは?
という声が後をたたなかったトランプ氏ですが、どうやら自前の髪であるようです。

トランプ カツラ

ドナルド・トランプは、『The Tonight Show Starring Jimmy Fallon』ジミー・ファロンという、コメディアンが司会のトーク番組に出演した際に司会者に頭を触らせて確認していました。
トランプ氏の髪を触った司会者は、間違いなく自前の髪であり、カツラでは無いと断定していました。

その時の動画がこちらです。

お堅いCNNというニュース専門の放送局までも、他局のバラエティー番組を引用してまで、ドナルド・トランプの『髪の毛・髪型の秘密』を放送していたそうです。

トランプ カツラ

年齢が年齢だけに薄毛にはなってきているので、ヘアスタイルでカヴァーしているのでしょうね。
70歳という年齢の割にはまだ髪の毛がある方なのではないでしょうか?

若い頃のトランプ氏

若かりし頃のトランプ氏の画像です。イケメンだった?

若い頃 トランプ

トランプ 若い頃

トランプ 若い頃

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでsponkyをフォローしよう!