ホーム > ニュース > エンタメ > 2016年8月17日

工藤静香・木村拓哉夫妻、子供がダウン症は噂?キムタクの子供の現在とは

工藤静香さんと言うと品格ある大人の女性と言うイメージが先行して手の届かない様な雲の上の存在であるかの様に見えますが、実は外見と中身のギャップがあるそうです。

今は終わってしまった「HEY!HEY!HEY」に出演された時に家庭的な一面が明らかになった事があります。

それは、まだキムタクとお付き合いしていた頃の時代にダウンタウンを自宅に招き手料理を振る舞ったらしいのです。

家に糠床があるとは思いませんでしたが、漬物を作っているそうです。そう言えば、キムタクがさんま美女と野獣と言う番組で糠床に指輪を入れる演出を紹介していましたね。

そんなロマンチックな仕掛けをされたら工藤静香はキムタクに惚れ惚れしてしまいますね(笑)

今やキムタクの妻ですから、それだけでもう大物と言う風格がありますね。やはり、キムタクと言うブランドが世間に定着していますから。その看板イメージを陰で支えてくれている様な気もします。

また、キムタクと結婚してから工藤はタレントとしての商品価値が上がったのではないでしょうか。CM、番組への出演料も上がったらしく、今までゲスト扱いだったのがスペシャルゲストとして特別感と言う印象を与える様になりました。

キムタクの嫁と言うだけで番組スタッフや共演者も緊張し、気遣いをしている様です。

絵も上手いらしいですね。それに加えて英語も喋れてソロとして歌手活動もされていましたから必然的に歌も上手い。今は、家の事の家事をきちんとされている様で好感度は益々上がり皆の憧れの的となっています。

工藤静香木村拓哉の次女がダウン症?現在の写真は?

工藤静香の次女が、静岡にある子供病院に入院しているとの情報がある、またその近くに家まで購入したらしいのです。

工藤静香・木村拓哉夫妻、子供がダウン症は噂?キムタクの子供の現在とは

静岡のこども病院にはダウン症の名医が揃っているとか?ダウン症と断定したわけではないが、その病院で目撃された事から「次女がダウン症ではないか」との憶測が出されている。

しかしながらに、工藤静香が次女、光希ちゃんを妊娠した頃の年齢を考えますと可能性は極めて低い水準となっているのですがね。

32歳で次女を妊娠しましたから、30歳で計算しますと952分の1と言う数値となり0.10504%と言うデータが出てきます。この数値から稀でしかない実態が明らかに。

では、なぜ次女がダウン症と噂されるのでしょうか?

それはネットに出回る写真が長女の心実ちゃんはあるが次女の光希ちゃんに至ってはないとの事から始まっている。

これは子供に何かしらの障害がある為に公開できないからではないだろうか?との勝手な推測が出されている様なんです。

次女が重い病気のために隠そうとしているからではないかとまで言われている現状、その噂はネットで過熱化の一途を辿る一方と言う状況下にあるのです。皆さんが野次馬根性で多数の書き込みをして話が独り歩きしている様な感じです。

その噂は2007年と子供がある程度、成長した頃から始まっている。長女の心美ちゃんは2001年5月1日、次女の光希ちゃんは2003年2月5日とに生まれましたね。

次女の光希ちゃん10歳くらいになるのでしょうかね。

他にも岐阜多治見、郡山、松本、沖縄にまで目撃情報がある。あまりにも広い範囲でとなっているが病院を転々と移動しながらでなければならない程の病気なのだろうか?

その辺が謎に包まれている。単なる旅行?別荘で来ており子供がたまたま風邪などで病院を訪れているのかなども真相が未だはっきりと解明されていない。

曖昧なまま話が独り歩きしてしまっているのだ。また、キムタクは子供の話をテレビでは一切しない事も、噂が勝手に独り歩きしてしまう要因の一つになっている様だ。

やはりキムタクはイケメンでブランドイメージも強いですから公開されていない家族や子供の実態が世間は気になって仕方ないのでしょうね。それだけ注目され人気がある事を裏付ける事もできますが。

現在では子供の世話をするために、妻の工藤静香さんが付きっきりで次女の看病をしているとのタレこみまで流れている。

ただ、これまでの情報は噂に過ぎず決定的な確証はありませんから必ずしも鵜呑みには出来ないようです。この過熱化は本人が口にするまでしばらく続きそうですが、口コミに惑わされない様にしたいところですね。

また娘は、フルートのコンクールで最優秀賞受賞した。

X JAPAN YOSHIKI と熱愛?その関係は?

かつて、YOSHIKIと工藤静香が付き合っていたらしい。当時は、YOSHIKIが高価な指輪までプレゼントした。

しかし、その当時YOSHIKIは工藤静香よりも音楽活動優先として第一に考えていたらしいです。

それに愛想を尽きた工藤がYOSHIKを振ったとされています。しかし工藤は結構、ゾッコンだったみたいですよ。

しかし、なぜ破局したかと言いますとお互い外見だけの魅力に惹かれていて付き合ううちに中身が分かってきてすれ違う事があったらしいのです。

しかも、意外に真相情報があります。次女の光希と言う名前はYOSHIKIの弟と同じ名前なんだそうです。

未だに、未練があるのではないか?それとも偶々だったのかまでは謎ですが、それよりもキムタクよく了承してくれたと言う感じです。キムタクはYOSHIKIの弟の名前まで知らないのでしょうかね。

それともキムタク公認の過去の熱愛だったのか?その辺は多くの謎に包まれています。

また、YOSHIKIは工藤静香と付き合ってた事実を認めていない様です。言わば勝手に寄って来られたと言う感じを受けているのでしょう。

工藤静香は、むしろ、諸星和己かあ君とお付き合いしている期間の方が長かったとされています。しかしネットの検索はYOSHIKIの方に向いている様です。

光GENJIが一世風靡した輝く黄金期~解散するまでの期間を交際していたとの情報があります。

しかし、この様な流れの中でキムタクとなぜ結婚に至ったか?ですが、工藤静香は昔はキムタクのこと見向きもしないくらいに眼中にはなかったそうです。

YOSHIKIの方に視線が行っていた様で。ですがキムタクはおニャン子クラブ時代から工藤静香の大ファンだったそうで当時は相手にされず、その間は、カオリンと付き合っていた。

それでも諦めきれずに、紅白の時に工藤静香に電話番号聞いたのをきっかけに交際がスタートし無事に結婚を実らせたらしいのです。

引用元:芸能人の気になる噂

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでsponkyをフォローしよう!