ホーム > ニュース > エンタメ > 2016年8月13日

女子レスリング登坂絵莉のプロフィールと成績まとめ家族はどんな人?

AKBのAKBの川栄李奈さんに似ているなど、その可愛いルックスでも注目の女子レスリングの登坂絵莉(とうさかえり)選手!

現在、世界ランク1位!オリンピック金メダル候補の筆頭であります。

そんな、登坂絵莉さんのプロフィールと成績やどんなご家族なのかまとめてみました。

登坂絵莉

登坂絵莉の成績

2008年:全国中学生レスリング選手権大会 優勝
2010年:2012年 ジュニアクイーンズカップ 2位
2010年:2011年 全国高校女子選手権 2連覇
2011年:アジアジュニアレスリング選手権大会 優勝
2011年:全日本レスリング選手権大会 2位
2012年:アジア選手権 3位
2012年:ジュニアオリンピック 優勝(51kg級)
2012年:レスリングワールドカップ 優勝
2012年:全日本選抜レスリング選手権大会 優勝
2012年:全日本学生レスリング選手権大会 3位
2012年:2012年レスリング世界選手権 2位
2012年:全日本レスリング選手権大会 優勝
2013年:全日本選抜レスリング選手権大会 優勝
2013年:ユニバーシアード 優勝
2013年:2013年レスリング世界選手権 優勝
2013年:全日本レスリング選手権大会 優勝
2014年:ワールドカップ 優勝
2014年:全日本選抜 優勝
2014年:世界選手権 優勝
2014年:アジア大会 優勝
2014年:全日本レスリング選手権大会 優勝
2015年:全日本選抜 優勝
2015年:世界選手権 優勝
2015年:全日本レスリング選手権大会 優勝
2016年:アジア選手権 3位

全日本レスリング選手権大会では3連覇を成し遂げ、FILA世界ランキングは1位。(現在)
オリンピック金メダルに最も近い選手といえるでしょう。

ただ一つだけ心配なのは、アジア選手権で負けていることか( 一一)
まあ1度負けておいた方が連勝など気にしないでプレッシャーが無いともいえるかも??

登坂絵莉のプロフィール

生年月日: 1993年8月30日
年齢:22歳
出身: 富山県高岡市
身長: 152cm
大学: 志学館大学(愛知県)
所属: 東新住建(2016年~)
好きなもの: チョコレート
趣味:寝る事

登坂絵莉選手の家族とは

登坂絵莉さんのレスリング歴を語る上で、欠かせないのが登坂絵莉さんの父、登坂修さんの存在です。
登坂修さんもレスリングの選手で、国体での優勝経験もある方なのです。

そして、登坂絵莉さんは二人兄妹で、3つ上の兄がいるのですが、もともと修さんがレスリングをやらせたかったのは兄の方でした。

登坂絵莉さんは9歳で高岡にあるレスリングのジュニア教室でレスリングを始めます。

いつの間にか、兄よりも登坂絵莉さんの方が、レスリングに興味を持つようになったそうです。

登坂理恵 家族

登坂絵莉さんは、幼少の頃から、ずっと外遊びが好きで、かなり活発な子だったそうですよ。

登坂絵莉さんが、小学校の卒業文集に書いた言葉がありました。

「意識の差が結果の差。目標あって結果あり」

レスリングのコーチでもあった父・修さんから口酸っぱく言われてきた教えだった。

すごいですね!この頃から明確な夢に変わっていたのでしょう!

試合会場では、母の安津子さんがライバル選手の試合をビデオカメラで撮って、一緒に研究をしていたそうです。

特にお母さんは、レスリングはやっていなかったものの、娘の対戦相手になる選手の研究は凄まじいそうです(笑)

コーチの父だけでなく家族みんなで登坂絵莉さんを応援していたのでしょう。
登坂絵莉さんの素晴らしい成績は、家族の応援・協力があってこそのモノだったと思います。

頑張れ!登坂絵莉選手!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでsponkyをフォローしよう!