ホーム > ニュース > IT > 2016年7月23日

ポケモンGOの遊び方、始め方と初心者マニュアル+裏ワザ

海外で大流行中のポケモンGOですが、ついに日本でもリリースされましたね!
ポケモンをしたことが無いのでわからないという方も多いのでは無いでしょうか?

ポケモンGO、シンプルでわかりやすいゲームなのですが、プレーしはじめの頃に悩みがちなポイントを簡単にまとめてみました。

これからはじめてみる人向けです。裏ワザ情報も記事末尾にありますので、ぜひご覧ください。

そもそもどんなゲーム?

ポケモンGOは iPhone や Androidスマートフォンで遊ぶ『ポケモン』関連ゲーム。プレーヤーの現在地と現実の地図を使い、実際に歩いてポケモンを探したり、ジムを訪ねて進行します。

ゲームボーイや3DS向けに展開してきた『ポケットモンスター』シリーズのスマホ移植版ではなく、同じナイアンティックが開発した位置情報陣取りゲーム Ingress に近い新しいゲームです。

ゲームの主な目的はポケモンを集めること。ほかポケモンを育成・進化させたり、後述の『ジム』を取り合ってのポケモンバトル、特定課題をクリアしてメダル集めなど、遊び方によってさまざまな目標があります。

現実の世界を舞台にするため、全世界のプレーヤーとひとつのゲーム世界を共有することも特徴です。ほかのプレーヤーと間接的に協力したり競争する要素もあります。

ポケモンGOの遊び方

まずはアプリを入手!ポケモンGOのダウンロード先

Android版

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nianticlabs.pokemongo

iPhone版

https://itunes.apple.com/jp/app/pokemon-go/id1094591345?mt=8

アカウントは2種類。設定の注意

ゲームを遊ぶためには、Googleアカウントまたはポケモン独自の「ポケモントレーナークラブアカウント」が必要です。どちらを利用しても、原則的に違いはありません。

Googleアカウントの場合もGmailなどで使っているユーザー名が強制されることはなく、トレーナーとしての名前を任意で設定できます。

注意! トレーナー名の設定はくれぐれも慎重に。ポケモンGOは現実世界の地図を使い、他のプレーヤーと共通の世界で遊ぶため、現実の本名や、ネット上のハンドルネームなどアイデンティティとすぐ結びつくトレーナー名にすると、いわゆる家バレや職場バレ、普段の行動範囲が読み取られる可能性があります。

ポケモンGOの画面には簡略化されているものの現在地の地図が表示されるため、画面写真などをネットで公開すればどこに居たのかが辿れます。またジムなどで他のプレーヤーにトレーナー名が見える仕組みのため、このプレーヤーは毎日どのあたりで活動しているか、などが特定可能です。Ingressと同じくジムやポケストップ近くで実際に顔をあわせる相手には、顔とトレーナー名が結びつくこともあります。

常日頃からフルオープンスタイルを貫く人はともかく、身辺を詮索されたりストーキングされたくない場合はトレーナー名の設定や、画面写真の共有に気をつけてください。

ポケモンGOにログインできない!という人は、Googleアカウントを作成していないのではないでしょうか?

1:まず何をすればいいの?

歩きまわってポケモンをゲットしましょう。地図上で見つけたポケモンをタップし、ボールを投げることでポケモンを捕まえることが出来ます。

ポケモンGOの遊び方

ポケモンを捕獲した際には、ポケモンを強化する「ほしのすな」というアイテムと、トレーナーレベルを上げるのに必要な経験値が入手できます。

2:ボールがなくなったらどうすればいいの?

ポケモンGOの遊び方

ポケストップ(画面上のモニュメント)に近づいてタップし、真ん中のメダルの様なものをフリックしましょう。各種アイテムや、ボールを入手する事ができます。また経験値も入手可能です。

ポケストップが集中しているエリアがそばにあるかたは、そこをぐるぐる周回することでレベルを上げるのが、一番効率がいいと思います。

3:強いポケモンを手に入れるにはどうすればいいの?

ポケモンGOの遊び方

ポケモンGOでは”CP”という値がポケモンの強さの目安になります。

ポケモンを強化することでこのCPは上昇させることができます。
更に、その後進化させることでより強いポケモンにすることが可能です。

ポケモンはサイズや体重のほか捕獲時のCPの値も個別に違い、例えば捕獲したて(強化をしていない状態)でもCP600超えという個体もいる場合もあります。

これらの数値は、ある程度はトレーナーレベルに紐付いています。ということで、トレーナーレベルを上げるのも重要です。ポケストップ巡りやポケモンの捕獲を行い、経験値を稼いでトレーナーレベルを上げていきましょう。

ポケモンGOの遊び方

なおマップ画面で、近くにいるポケモンは画面右下のアイコンをタップすることで確認できます。足あと1つが100mを表現しているようです。

またこの画面で任意のポケモンをタップすると、画面右下にそのポケモンが固定され追跡をすることが可能です。

4:どのポケモンを育てればいいの?

効率重視で行くのであれば、CPが高く、かつそれなりのレアリティのポケモンが強くなる計算になるのですが、ポケモンを進化させるにはポケモンの種類ごとに決められた「アメ」が必要になります。

ポケモンGOの遊び方

ということは、裏を返せば、レア度の高いポケモンはその分進化が難しいのです。ですので序盤では、ある程度「アメ」が入手しやすく、CPの高いポケモンが早く強くなれるということになります。

また、同じポケモンでも「ひっさつわざ」が個体によって異なるのもポイント、同じくらいのCPのポケモンで別のひっさつわざを持っているポケモンは大事にとっておくと良いかもしれません。

レア度が低く、CP100以下のポケモンは、愛着がなければ博士におくって、アメと交換して構わないと思います。

ポケモンGOの遊び方

なお、redditの有志が作ったレアリティの目安は上記のようになります。

個人的感想としては、LV10位まではCPの低いポケモンはどんどんアメにしつつ、その後にアメが揃ってて、一番強いポケモンを一気に育てるのが一番効率が良い気がします。

僕はお気に入りのポケモンを地道に育ててますけど。

5:タマゴをゲットしたら何をすればいいの?

ふかそうちを使いましょう、タマゴは個体ごとに定められた距離(2km/5km/10kmの3種類があります)歩くことでポケモンが誕生します。

ポケモンGOの遊び方

かそうちのうち、最初から持っている「ムゲンふかそうち」は壊れることがありませんが、途中で入手できる「ふかそうち」は使用回数制限がありますので、ここにも注意が必要です。

歩く距離によってレア度が異なるらしく、10kmだとエピック級(先ほどのレアリティ図を参照ください)が出た報告が海外ではされているのですが、2kmからもピカチュウが出た報告もありますので、どれを孵しても損はありません。

6:ポケストップやジムはどこにあるの?

実はポケストップやジムは、行ったことのない土地であっても、ある程度予測が可能です。Ingressという、同じスタジオが作った位置情報を使ったゲームの「ポータル」というモニュメントと同一の場所にあることが多いためです。正確には全てが採用されているわけではありませんが、ほぼそのまま移行されていると考えてよい状態です。

そしてIingressのポータルはIntel Mapというページで公開されているため、これを使うことである程度の予測画可能というわけです。

intel/ingress

ただしIntel Mapを確認するには、Ingressのアカウント作成(無料)が必要です。アカウントがあれば、上記URLにログインすることでマップが確認できます。

7:ポケモンを強化するにはどうすればいいの?

ポケモンGOの遊び方

マップ画面のモンスターボールをタップし、「ポケモン」から一覧を表示します。そこから強化したいポケモンを選んで強化してください。

強化には「アメ」と「ほしのすな」が必要です。「アメ」は要らないポケモンを博士に送ることにより、そのポケモン専用の「アメ」がてにはいります。

裏ワザ:ピカチュウを最初からゲットする方法。

ピカチュウを最初からゲットしたい人向けの裏技です。ゲームスタート時にプレイヤーはゼニガメ、ヒトカゲ、フシギダネの3つからポケモンを選ぶのですが、これをピカチュウを最初から選ぶ裏技があります。

ポケモンGOの遊び方

ゲームの導入を進めていくと、3匹のポケモンどれかを選択する場面になります。そこでどれも選択せずに、移動してその場を立ち去ります。これを何回か繰り返します。

ポケモンGOの遊び方

するとマップ画面上に見慣れた姿が……

ポケモンGOの遊び方

マップ画面上のピカチュウをタップし、捕獲すれば無事ゲットできます。

さて、以上がポケモンGO初心者用マニュアル+裏ワザでした。これから始める人が周りにいたら是非紹介してみてください。機会があれば、この先についてもいつか紹介してみたいと思います。

(2016年7月22日 Engadget日本版「ポケモンGO初心者完全マニュアル。これだけは知っておきたい7つのこと+裏ワザ(世永玲生)」より転載)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでsponkyをフォローしよう!