ホーム > 生活・ビジネス > メール・手紙・文章・例文 > 2016年6月5日

ビジネスで使える反省文の例文と書き方(社会人・会社)

反省文は、業務上のトラブルや不始末に関して、その報告と反省・謝罪を文書にして上司に提出するためのものです。

前掲「反省文の例文と書き方(会社・ビジネス)」でも書きましたように、業務上の事故・失敗・不成功などの場合は、始末書という形式をとることが通例であり、就業規則違反や不行状などでも始末書の提出が求められる場合があります。
いずれの場合も、始末書は企業や事業所のトップに宛てて書くものです。一方、反省文は、トラブルや不始末がさほど重大または深刻なことではない場合や本人の一身上の問題であるときなど、直属上司や部門長に宛てて書き、上層部の目には触れないものが一般的と思われます。

反省文の内容は始末書に準じたものとし、トラブルや不始末を具体的に説明し、次にその原因を説明、最後に再発防止のための対策や心構えを書きます。ただし、始末書のようにトラブルや不始末の説明を詳細に書く必要はなく、原因の分析・究明か、再び過ちを犯さないための対策・心構え等に重点を置いて書くべきでしょう。

【反省文の例文】

平成25年9月2日 ※行末に移動

衣料服飾雑貨2課 橋本課長

商品管理 内藤かなこ ※行末に移動 

在庫商品汚損の反省文 ※中央に移動

 私は、在庫商品を輸送用パッケージのままバックヤードの床面に直置きし、一昼夜放置したため、床の結露による商品の汚損を招きました。ここに深く反省し、お詫び申し上げます。
 当該商品は午前の便で入荷しましたが、衣料品倉庫の整理が遅れていたため、入荷個数を確認の後、一部をバックヤードに留め置きましたところ、アルバイトスタッフへの入庫の指示を出し忘れたため、そのまま一昼夜放置することとなった次第です。
 倉庫内での在庫数の確認を怠ったことと、屋内でも結露によって商品パッケージに浸水し汚損する可能性があることに気付かなかったことを、深く反省しております。今後は、入荷商品の安全な一時保管の方法に十分注意を払い、スタッフへの指示と在庫確認の徹底にも心掛けてまいります。この度の不始末、重ねてお詫び申し上げます。
以上 ※行末に移動

反省文の例文と書き方(ビジネス/営業成績・ノルマ未達成)

営業成績が不振であったり、販売ノルマが設定されていて達成できなかったりした営業職の社員に対し、反省文を書かせる企業が一部には存在するようです。

そのような場合は、以下のような3段構えの反省文を作成しましょう。

① 営業成績不振またはノルマ未達成の事実
② その理由・原因
③ 営業成績向上またはノルマ達成のための対策

ただし、①・②までの内容は、単なる営業報告の抜粋に過ぎません。反省文として肝心な内容は③の対策であり、その説明文中には、営業活動の不備・不手際を率直に認め、改善案を提案する積極姿勢が必要です。

【営業成績不振の反省文例文】

2015年6月期決算の結果、私の担当する□□グループ様に対する売上高は前年同期比約3%増の微増でしたが、営業利益では約20%減の減益となりました。

 このような大幅な減益を招いた要因としては、次の2点が挙げられます。

●□□グループ様営業利益大幅減の要因

① 輸入食品の価格が円安によって高騰したことにより、メーカーからの原材料の仕入原価が上昇して、売上利益を圧迫したこと。

② 昨年来の燃料費の高値安定が続き、輸送費が嵩んでいる上に、加工食品分野での有力な新規参入企業の突き上げにより、顧客への協賛金や接待費が増加した結果、営業利益がさらに減額されたこと。

 以上の要因の中で、営業職である私が独自に対策を講じるべきものは、顧客への協賛金・接待費等の支出を減額する方策であると考えます。

 顧客への協賛金・接待費等が経常的に膨らんだのは、先方の営業本部への訪問営業を重視し、本部の決定による売上増をめざした営業活動に問題があったと反省しています。今後の各社本部への営業活動は、毎月の訪問回数を必要最小限にとどめ、仕入担当者との商談を重視することで売上増を図ってまいります。

 また、店舗に対する営業活動を強化します。各店の店長・営業部長様だけでなく、商品・売場担当の社員の方々とのコミュニケーションも大切にし、個々の店舗との太いパイプを築いてまいります。そのため、本社訪問日以外は、毎日3〜4店舗を訪問し、有利な売場の確保と販売方法の提案などによって、各店での当社商品の販売量アップに貢献したいと思っております。

 以上、私は従来の営業活動の過ちを反省し、新方針で新境地の開拓をめざす所存です。

反省文の例文と書き方(業務ミス/ビジネス・社会人)

業務ミスの反省文は、次の要領で書きましょう。

①業務ミスの事実

②業務ミスの原因

③業務ミスの防止対策

以上の内容のほかに、反省の気持ちを表現するための謝罪の言葉を必ず添えましょう。反省文ですから、謝罪の言葉を何度繰り返しても構いません。

【発注ミスの反省文例文】

発注ミスの反省文(※タイトル・中央揃え)

(※日付け、提出先の上司名(□□課□□課長など)、本人氏名を会社の標準書式に従って記入します。)

私は、納入業者に送付した地産商品の発注メールにおいて、一部商品の注文数で入力ミスを犯し、地元特産品コーナーに欠品を生じさせてしまいました。店長はじめ青果・SP企画スタッフの皆様に多大なご迷惑をお掛けしたことを深くお詫び致します。

この度の発注ミスは、青果の発注伝票に「12個パック」と明記されていながら、私の不注意で「6個パック」の商品コードを選択したために起こったものです。発注メールの作成後にひと通り入力データを確認しましたが、注文数にのみ注目し、商品コードの間違いとそれによって表示されている商品名が異なっていることに気付かなかったことが原因と思われます。

今後、このようなミスを二度と起こさないよう、すべての入力データの再確認を怠らないよう心掛けます。申し訳ありませんでした。

引用元:http://例文.jp

関連ワード
辞書 例文 言葉 手紙 意味 調べる メール 文例 社内文章 社外文章 コピー&ペースト
詫び状 お詫び状 謝罪文 謝罪の手紙 お詫び文 例文 実例 フォーマット 書式 不手際 車内 ビジネス 文書 書面 書式 参考例 ビジネスマナー 書き方

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでsponkyをフォローしよう!