ホーム > 生活・ビジネス > メール・手紙・文章・例文 > 2016年6月5日

今更聞けない、御社・貴社の違いと使い分け例文

御社(おんしゃ)と貴社は、ともに相手の会社を指して用いる敬称です。二つの言葉の違いは、御社の「御」が「鎌倉殿の御恩」(鎌倉将軍による所領安堵のこと)という用例のように日本古来の敬語表現であるのに対し、貴社の「貴」は「貴邦」・「貴台」などのように漢文で記された古文書や古典の中に広く見られる敬語的表現であるという違いです。

御社と貴社は、このように本来、御と貴の敬語的意味の由来が異なるだけであり、使い分けしなければならない合理的な根拠はありません。しかしながら、貴社が漢字熟語の基本ルールに則った音読熟語であるのに対し、御社が変則的な重箱読み(正確には上の漢字を訓読みする湯桶読み)であるためでしょうか、御社は話し言葉(口語)であって、貴社が書き言葉(文章語)であるとする解釈が繁衍しているようです。従って、この解釈を可とする人々が少なからずいる以上、硬い文章語のビジネスレターなどでは貴社と書いておいた方が無難と言えそうです。

【御社を使用した例文】話し言葉と書き言葉の用例

先日、御社の前を通りかかりましたが、お忙しそうでしたのでご挨拶は遠慮いたしました。

御社におかれましては愈々ご隆昌の趣き、大慶至極に存じます。

【貴社を使用した例文】書き言葉と話し言葉の用例

貴社益々ご隆盛の由、衷心よりお喜び申し上げます。

先日お話した資料集を貴社宛の10時のバイク便で送りました。

引用元:http://例文.jp

関連ワード
辞書 例文 言葉 手紙 意味 調べる メール 文例 社内文章 社外文章 コピー&ペースト
詫び状 お詫び状 謝罪文 謝罪の手紙 お詫び文 例文 実例 フォーマット 書式 不手際 車内 ビジネス 文書 書面 書式 参考例 ビジネスマナー 書き方

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでsponkyをフォローしよう!