ホーム > ニュース > エンタメ > 2016年6月5日

能年玲奈、引退?洗脳の真相や事務所との対立状況は、洗脳は嘘か?

能年玲奈が洗脳されて引退の危機?衝撃的なワイドショーニュースが世間を賑わせていますね。

能年玲奈さんといえば、大人気だったNHKドラマ『あまちゃん』ですよね。主人公役を演じたことでブレークし、映画:ホットロードでも主役に抜擢!
このままの勢いで女優としての地位を確立するかと思いきや、そううまくはいかなかった様子…。

事務所との対立や洗脳疑惑、他にも引退説が囁かれていたり、タブー画像まで話題になっている状態。能年さんに何があったのでしょうか。

2015年1月に、能年が所属する事務所に無断で・・・
彼女自身が代表を務める“個人事務所を設立”していたことがバレてしまい。。

この暴挙に能年玲奈が所属する『レプロエンタテインメント』は大激怒!!
その後は、彼女の仕事はどんどん減っていき、今では仕事ゼロの“ニート女優”になってしまった!

年6月に・・・現在所属している、『レプロ』との契約更新を控える能年だが、彼女は更新せずに“独立”するといい、、

これに各週刊誌やメディアは一斉に“事実上芸能界を引退”と伝えており。。

しかし、能年玲奈は、、“レプロとの法廷闘争”に向けて法律を勉強しているというが・・・。

引退説のタブー画像とは

人気女優として階段を駆け上がっていくかと思った矢先、いきなり流れだした引退説とタブー画像。

いろいろと探してみたのですが、タブー画像と言われるものは今のところ出回っていないみたいです。

大体どこからそんな写真が出回るんだか…と思ってもう少し調べると、写真をリークしたのは現時点で2016年6月まで契約をしている所属事務所・レプロエンタテイメントだと言われています。

能年さんは2015年1月に個人事務所を立ち上げており、今の事務所とは契約満了が来たら辞めると言われています。

この行動がレプロの怒りを買うことになり、『能年潰しが始まった』と言われているようです。
リークされた週刊誌は情報を持っているものの、今は温めている状態なのではないかと囁かれています。

本当にそんな写真が出回る日がくるのか、それとも能年さんが女優として返り咲き、人気絶頂の際に写真を公開して週刊誌の売り上げに繋げるのか…。
本当にタブー画像があるのか、疑ってかかっても良いかもしれませんね。

洗脳の真相とは

能年玲奈さんに『洗脳騒動』があったことは覚えている人も多いはず。
洗脳というと『占い師?』なんて思ってしまいますが、能年さんの場合は『魅力開発トレーナー』の滝沢充子さんがいろいろと教え込んだ、と言われています。

能年さんと滝沢さんはいわば生徒と先生と言った関係で、滝沢さんは演出について能年さんを指導している立場です。

能年玲奈 洗脳

右が能年さん、左が滝沢さんです。
能年さんはそんな滝沢さんのことを心から信頼しているのだとか…。

そして、能年さんは自身を代表取締役として滝沢さんと共に2015年1月に個人事務所『三毛andカリントウ』を設立しています。

この個人事務所設立については、所属事務所であるレプロに相談することなく無断で立ち上げられ、事務所との対立を生むことに…。
ちなみに、個人事務所設立を促したのが滝沢さんだと言われています。

個人事務所立ち上げについて、レプロの社長は不快感をtwitterを通して示していて、そのときの内容に『洗脳』を示唆する文章が書き込まれていたそうです。

このtwitterに飛びついたのが『東京スポーツ』と『女性自身』で、『洗脳疑惑』と報道したことで話が一気に広がりました。

洗脳については定かではありませんが、『洗脳報道』のきっかけを作ったのがリプロの社長であることは変わらないようです。

今回の洗脳報道の原因は、能年さんと所属事務所社長との対立が生んだもののようでした。

洗脳しているとされている疑惑の人

彼女が心酔する“生ゴミ先生”こと、、
女性振り付け師の存在があるというが。

滝沢充子

生ゴミ先生とは、滝沢充子(53)という人物で、能年の演技指導を担当した際に、

「この仕事をしなければアナタは生ゴミ!」と言ったことから、彼女から“生ゴミ先生”と呼ばれ、彼女の身の回りの世話や相談、、

さらに一時は・・・

都内にある商業ビルの一室で、同居生活を送っていたという。。

能年玲奈 引退

手をつないで町中を歩くなど、仲睦まじい様子が撮影されている。

事務所との対立

『あまちゃん』で大ブレークを果たした能年玲奈さん。

あれだけ人気を博したのですから、お給料だって高額になったはず、なんて思う人は多いでしょう。
ところが、週刊文書で報道された内容は驚くべきものでした。

その内容は、能年さんの月収はたったの5万円、能年さんが出演を望んでいた映画進撃の巨人の話を勝手に断わられたこと。

そして、事務所社長からのパワハラ発言などなど『こりゃひどい…』という扱いを紹介しています。

これの報道に対し、『週刊ポスト』は月収5万円を否定して20万円になっていたことを含め、週刊文書で紹介された内容を全て覆していったのだとか…。

『これ、どっちも当事者たちが話してリークしてるよね…』というリアルな文章に、能年さんと事務所の対立が深く、修復不可能であることを感じさせました。

ポストが紹介した能年さんを批判する内容は『挨拶をしなかった』『舌打ちをした』『ヒステリーに怒った』という内容が目立ち、『それって、他の芸能人でも言われている内容ですよね。』というものがほとんど。

その他にも『逆切れメール』や『ヤンキー口調の録音テープ』も話題になっていますが、これもレプロが横流して、多数の出版社にメールや録音テープの話を持ちかけ、能年さんを叩く記事を書かせようとしたようです。

メールは、

『次に私の恩師をバカにしたら許しません。怒りで仕事どころじゃなくなる』と送ったものだそう。

録音テープは事務所を辞める理由を問う社長に対して能年さんが、

『仕事をさせてもらえないからです。事実、連ドラは入れてもらえていません。もうすぐ私の20歳という歳が干されて終わる』と言っていたもの。

出版社は『どれも大した内容じゃないな…』と手を引いたのですが、ポストだけが能年さんを叩く記事を掲載し、若干失笑されているようです。

なんでもポストの上層部とレプロの社長が親しいため、記事作成を引き受けたとか…。芸能界って闇ですね…。

きっと両者の溝は開く一方で、修復なんて奇跡が起こらない限り無理なのかもしれません。

現在の収入源はブログ?仕事は?

ブログだけは度々更新されており、4月1日にUPされたブログでは・・・
クオリティの高い、『おそ松さん』のコスプレを披露!!

能年玲奈 おそ松

このまま干されて終わってしまうのか?魅力ある女優さんなので、復活して欲しいですね。

引用元:芸能ちゃんねる
引用元:今、気になっている事について書いてみた

能年玲奈母が独占告白「引退、洗脳報道はウソです」

女優の能年玲奈(22)の母が、週刊文春の取材に応じた。能年を巡っては、「週刊女性」6月7日号が<事実上芸能界を引退へ>と報じ、スポーツ紙、テレビのワイドショーがいっせいに追随した。中でもフジテレビの「直撃LIVEグッディ!」や「とくダネ!」では、「週刊女性」の記者を登場させ、次のような“爆弾証言”が紹介された。

<能年さんの親も娘さんのことを心配して、「大丈夫なのか」と。「(Aさんと)本当に一緒にいていいのか」みたいなことを説得したようなんですけども、彼女としては親の言うことも聞かないというか、そういうことにも耳を貸さず、現在も一緒に演出家の女性(Aさん)と生活しているって感じですね>

 能年の母は、本誌の取材にこう語った。

――能年さんはご両親の言うことを聞かない状態なんですか?

「まったく違います。テレビで変だと思ったのは、玲奈が親の反対にも耳を傾けないで女性演出家(Aさん)と一緒にいるとかいう話。反対どころか『全然。大賛成やけど』って思いながら見ていました」

――何が事実と異なりますか?

「そもそも『週刊女性』の人から今回取材は受けていないですし、どうしてこんなことを言われるのか、分からないですね。現に玲奈とはちゃんと連絡が取れています」

――洗脳については?

「はっきりウソです。高校生の頃から演技指導をしてもらっていたAさんには東京で本当にお世話になっているんです。感謝してもしきれません」

週刊文春に上記のコメントを残している。

真相はいかに??

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでsponkyをフォローしよう!