ホーム > ニュース > IT > 2014年10月4日

マイクロソフトが危機に直面?ビル・ゲイツ氏が「破綻まで18ヶ月」と発言!真意は?

ビル・ゲイツ氏がマイクロソフト倒産だと発言

1975年に設立したマイクロソフトはモバイルインターネットの流れに乗っておらず、イノベーションを逃している。
ビル・ゲイツ氏は「マイクロソフトは破綻まで18ヶ月」と言って、社員たちを激励している。マイクロソフトはモバイルインターネットにおいて危機を迎えている。

マイクロソフトが危機に直面

マイクロソフトは中国政府による調達禁止や反独占調査、大型リストラなどに遭っている。新しいCEOのナデラ氏は火消しするために訪中した。

中国移動互聯網産業聯盟の李易秘書官は「マイクロソフトは中国で研究所や人材バンクなどを設立し、多くの時間や資金を使ったのに、モバイル機器で大成果を挙げたわけではなく、科学研究成果を商業化させていない。それはマイクロソフトの命取りとなっている」と語った。

マイクロソフトは過去十数年間、IT産業で研究開発投資が最も多い会社に数えられ、マイクロソフト研究所設立に先立ち、80億ドル以上を投入した。マイクロソフトはWindowsやofficeなどの目玉商品を武器に、独占的な存在を固めている。2014年度決算では、世界企業の約90%はWindows7やWindows8を使用している。

ただ、PC時代は終了しそうだ。IDCのデータでは、2013年スマホ市場で、グーグルのAndroidのシェアは78.1%、アップルのiOSのシェアは17.6%、WindowsPhoneのシェアは3%。すなわち、マイクロソフト発スマホOSはほとんど存在感のないものである。

新華ニュースより

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでsponkyをフォローしよう!