ホーム > 生活・ビジネス > ダイエット > 2014年10月4日

サバ缶ダイエットとは?本当に痩せるの?その効果や口コミ、方法をまとめました

サバ缶ダイエットって何?

簡単に言うと、日々の食事にサバ缶を取り入れるだけというもののようです。缶詰でなくてもいいと思いますが、手軽に食べられるのでサバ缶が紹介されたのでしょうね。
テレビの影響で一時期サバ缶が店頭から消えたり、購入制限が出る店舗もあったほどのようですが最近はようやく鎮静化したようです。
魚を食べる機会が少ない人は缶詰なら手軽に食べられるのでおススメ。

サバ缶ダイエットとは?本当に痩せるの?その効果や口コミ、方法をまとめました

なぜサバ缶で痩せるのか?成分に秘密あり!

サバ缶には、”痩せるホルモン”の分泌を促す効果があると言う。

「EPA」という成分がサバ缶(青魚)に多く含まれ、特にサバ缶は含有率が高いそうです。この「EPA」が、別名「やせホルモン」と言われる「GLP-1」というホルモンの分泌を促してくれるということで、サバ缶ダイエットに火が付いたのです。

また、「GLP-1」は、消化管ホルモンの分泌が促進されて、食事の食べ過ぎや血糖値の上昇を抑えてくれ、中性脂肪の減少、運動と組み合わせると体脂肪減少を促進するというとても素晴らしいものです。

食べて痩せると言う食材は数々あるが、今回のサバ缶は、痩せる油として有名なオメガ3の油も含んでいます。

ただなにもEPA(エイコサペンタエン酸)が含まれる食材は、サバの水煮缶だけに限ったことでも無いようです。

青魚に多く含まれる成分ですので、これらを効果的に取ることも有効であると考えられます。

サバ缶ダイエットのやり方・方法

方法は、たぶんどんなダイエット方法よりシンプルなのかもしれませんが、1日1食以上サバ缶(缶でなくれもOK)を使った料理を食べるという事です。
ただ、これだけではもちろん栄養が偏る傾向があるので、食べる時は、サバ缶の「EPA」と共に「GLP-1」が分泌されやすいように、野菜などの食物繊維を一緒にとるようにしましょう。

サバ缶が肥満率を低くした

また、日本医科大学の調べでは、サバ缶の消費率No.1の山形県が女性の肥満率が低いことがわかっているそうですよ!
また先述の「GLP-1」が分泌された後に、軽くストレッチや、スクワット、軽いウォーキングなどを行うと、体脂肪の燃焼率がUPしたという研究データもあるそうです。サバ缶を食べた後に、ショッピングでもいいので、歩く機会を増やしてみましょう。

サバ缶ダイエットだけでは痩せない?

サバや青魚がダイエットに効果的な食材であるということは、分かりましたが、食材を変えただけでは大きな効果はもちろん期待できないと思います。
有酸素運動や、食べる順番ダイエットなどと併用して、効果があるのかと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでsponkyをフォローしよう!