ホーム > ニュース > エンタメ > 2016年1月21日

ゲス極炸裂!ありがとう文春!ベッキーと川谷の記者会見前LINEやりとり全文

ベッキー終了!「ありがとう文春」「センテンススプリング」謝罪会見直前LINE流出で性格の悪さが露呈。

ベッキーとゲスの極み乙女の川谷絵音の不倫騒動疑惑が少し落ち着いてきたように感じていたが、週刊文春はなんと第3弾で更なる追撃に出た!タイトルは「ありがとう文春」

1月21日発売の週刊文春で騒動後のLINEが流出。「ありがとう文春」はその中で二人がやり取りしている言葉なのですがもはやロマンスがありあまるでは許されない事態に。

ありがとう文春」「センテンススプリング」なんて言っているこの軽いLINEを見てしまったらもう擁護は出来ないだろう。

画像:記者会見前のベッキーと川谷のLINEやりとり週刊文春

ありがとう文春

センテンススプリング

記者会見前のベッキーと川谷のLINEやりとり全文(最新)

(会見前1月5日)
ベッキー「友達で押し通す予定!笑」
ゲス川谷「逆に堂々とできるキッカケになるかも」
ベッキー「私はそう思ってるよ」
ゲス川谷「よし!」
ベッキー「そうとしか思えない」
ゲス川谷「ありがとう文春!」
ベッキー「オフィシャルになるだけ!
    ありがとう文春!」
ゲス川谷「感謝しよう!」
ベッキー「うん!」
    「それに不倫じゃありません!」
ゲス川谷「うん!」
ベッキー「略奪でもありません!」
ゲス川谷「うん!」
ベッキー「センテンス スプリング!」

ゲス川谷「長崎手繋ぎデート」
ベッキー「長崎不倫旅行」
ベッキー「天才だね!文春!」

(会見後1月6日)
ベッキー「楽しい春と夏になるよ」
ゲス川谷「遠恋と思って過ごす」
ベッキー「えんれん」

ベッキー「友達で押し通す予定!笑」

ということが記載されているようである。これは不倫を肯定していることにしか受け取れない。

川谷絵音「遠恋と思って過ごす」

という会話の内容から、このLINEのやり取りは卒論を提出するまでは会わないと約束していることが伺えるのでベッキーの謝罪会見前日だと思います。

更に恐ろしいのは、「文春にスクープ記事が掲載された後、ベッキーは川谷に離婚届の書き方を載せたサイトを紹介していたというのです。
また、釈明会見の前日には『逆に堂々とできるキッカケになるかも』(川谷)、『私はそう思ってるよ!』(ベッキー)、 『ありがとう文春!』(川谷)、『ありがとう文春!』(ベッキー)とLINEを送りあい、反省の色は微塵もなし。
障害が大きいほど燃え上がってしまうのかもしれませんが、その炎で川谷の奥さんも双方の事務所も大きな傷を 負ってしまっていることに、何で気付かないのでしょうか」(週刊誌記者)

まさにロマンスがありあまる!両成敗なゲス極まりないやりとりが露呈されました。
二人の行動はゲスの極み乙女の曲、タイトルそのままになるなんて…

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでsponkyをフォローしよう!