ホーム > ニュース > エンタメ > 2015年1月30日

小保方晴子氏にそっくり? スクエニが小保方さんを萌えキャラ化!ブラウザゲームが物議

究極細胞はありまぁす!? スクエニのブラウザゲームに小保方氏降臨

スクウェア・エニックスが同社のブラウザーゲーム「スターギャラクシー」において、小保方晴子さんを連想させるキャラを公開するも、炎上騒ぎとなり謝罪。これを修正しました。

小保方晴子 スクエニ

キャラの名前は「ハルコ・オッペンハイマー」。スキル名は「究極細胞」であり、キャラの説明文には

究極細胞というテーマで危険な研究をしている研究者。機動兵器に対する適性と、優秀な追加スキルを持つ。条件を満たして「スキル追加合成」使うと、強力なスキルである「スクランブル」が候補に出現するぞ!

スクエニ、小保方さんをブラウザゲームで二次元化し、キャラ利用したことを謝罪。修正へ

スクウェア・エニックスのブラウザゲーム『STAR GALAXY』に、STAP細胞の有無を巡る議論で話題になった、理化学研究所の小保方晴子さんを連想させるキャラクターが登場した。

ネット上では、「おぼちゃんスクエニ内定おめでとう」「これはヤバくないか?」などと物議を醸している。

『STAR GALAXY』は、自身の作成したコロニーを育てながら、キャラクターや戦艦を駆使し、宇宙を舞台に戦争を繰り広げるシュミレーションゲーム。

ゲーム内の通貨を利用したり課金をすることでキャラクターを手に入れるという、いわゆるガチャ要素も盛り込まれており、様々なキャラクターが登場するのだが……。

話題のキャラクター「ハルコ・オッペンハイマー」は、「究極細胞というテーマで危険な研究をしている研究者」という設定。1月30日(金)までゲーム内で開催中のイベント「本拠地制圧戦」に参加し、一定の条件を満たすことで報酬として登場するようだ。

こんなのどう見ても小保方さんをオマージュしたキャラクターにしか見えないじゃないか……! 果たして彼女はゲーム内でどんな活躍を見せるのか気になるところだ。

ライブドアニュース

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでsponkyをフォローしよう!