ホーム > 生活・ビジネス > ダイエット > 2014年10月30日

朝食フルーツダイエットの効果とやり方、本当に痩せるの?口コミなど

朝食フルーツダイエットの効果とやり方健康的に痩せたいと思っている方、まずは、朝食をフルーツに変えてみましょう。

午前中に生のフルーツを好きなだけ食べれば良いのです。

おいしくて簡単でヘルシー。しかも空腹を我慢する必要もなく、減量効果も期待できる! そんな、食いしん坊にうれしい「朝フルーツダイエット」

朝食にフルーツを食べると、フルーツに含まれる酵素の働きによって、排泄や代謝がスムーズになり、痩せ体質になることが可能です。そこで、朝食にフルーツを食べることで痩せる理論を解説しながら、フルーツのダイエット効果、そして、「朝フルーツダイエット」の実践方法を詳しくご紹介していきます。

朝食フルーツダイエット方法

果物は低カロリーだからダイエットに打ってつけ!フルーツは糖分が多く含まれているため太ると考えていた人もいるかも知れません。しかし!フルーツのカロリーは高いものでも100gに対し約300kcal前後、また100kcalに満たないものが多くあります。

だからフルーツをたくさん食べてもカロリーは抑えられ、太ることは殆どありません。つまり、果物はダイエットの味方なのです。
ダイエット方法としては、3食のうち、いずれかの食事を果物のみに置き換えます。他の2食はいつも通り普通に食べて構いません。ただし腹八分目に抑えましょう。

朝フルーツダイエットの実践方法

「朝フルーツダイエット」は、午前中にほかの食べ物は口にしないで生のフルーツを食べるだけの方法です。

*例外として、葉野菜などと一緒に食べるのはOK

ルール1

好みのフルーツを1~3種類、生のまま常温で食べる。ただし、午前中はお茶やコーヒーなどを避け、水分補給はフルーツと純粋な水だけで行う。

ルール2

フルーツはお腹が空っぽの状態で食べる。

ルール3

フルーツ以外の食べ物と一緒に食べない。

Q フルーツジュースでも大丈夫?

新鮮なフルーツをミキサーにかけ、繊維ごとできたてを摂取すればOK。加熱殺菌されている市販のジュースでは効果は期待できません。

Q フルーツは体を冷やす?

冷蔵庫で冷やさずに室温で食べる限り大丈夫。朝のフルーツ習慣は、代謝アップに役立つので、続けることで冷え症改善にも役立ちます。一緒に飲む水を白湯にしてもよいでしょう。

好きなフルーツは常温食べる

フルーツダイエットの基本は、生のままで食べることです。果物には食物繊維やミネラル、フルーツ独自の酵素やビタミンなどが豊富で美容効果が期待されています。また、果物は冷蔵庫で冷やしたものではなく、常温にして置いておいたものを摂取しましょう。冷えたフルーツの何がいけないのか?

それは体温を下げ、血液の流れを悪くしてしまうというところです。常温の果物であれば血流を滞らせることなく、ダイエット効果に作用します。

フルーツダイエットを始めたばかりの頃は「お腹空いたなぁ~」なんて空腹感を感じることもあるでしょう。空腹感が訪れるのが午前中でしたら、好きなだけ果物を摂取しても構いません。
フルーツダイエットではコーヒーやお茶などの水分摂取は避け、水(ミネラルウォーター等)とフルーツに含まれる水分だけにしましょう。

フルーツで始まる生活!

フルーツダイエットの基本!果物は、胃の中に何もない空の状態で摂取するのがベストなのです。

胃の内部が空の状態に果物以外の食物が入ると、その食物の消化や吸収にエネルギーが消費され、午前中に行われるはずの体内の清浄化作用が低下してしまうからです。

食後に食べるというようなデザート感覚で果物を摂取するのは止め、フルーツのみを空腹時に摂取するようにしましょう。

フルーツは選んでダイエット

フルーツによって成分の含有量が違うため、ダイエットに関する効果も異なってくることが考えられます。食物繊維を豊富に含んだ果物は腸内環境を清浄にしてくれたり、水分の多い果物は体内の老廃物を掃き出す働きをしてくれるのです。
また、果物は皮ごと摂取することもオススメです。実は、多くの成分は果肉よりも皮に多く含まれており、その中でも”ファイトケミカル”という成分が豊富です。ファイトケミカルは成人病予防に役立つ成分で、皮ごと食べるだけでダイエット効果+生活習慣病予防になるなんて一石二鳥です!

ダイエットのカギとなる「酵素」を知ろう!

ダイエット効果を促進させる酵素が豊富なフルーツ!

消化の吸収を助けたり、毒素排出や新陳代謝を促進する「酵素」は、ダイエット成功のカギとなる成分です。

ストレスを溜め込んだり、食べ過ぎが続くと体内にある酵素がたくさん消費されてしまい、それによって肥満や冷え性、肌荒れなどのトラブルの原因に! 逆に、体に酵素を蓄えることで体内の大切な成分であるビタミンやミネラルも活発に働き、それによって血液の流れが良くなり、体内に溜まっている毒素を排出せてくれる効果が。結果、キレイに痩せるダイエットにも効果的というわけです。

朝食フルーツダイエットのメリット

ダイエットに何故フルーツが適しているのか?それについて紹介する前に、まず果物の消化時間ってご存知ですか?フルーツはとても消化の良い食べ物で、生で食しても約20~40分くらいで消化から吸収が行われてしまう程です。

実は人の体は消化/吸収/排泄というリズムが刻まれているのです。朝4時~昼12時までは消化されたものの排泄が行われる時間、昼12時~夜20時までが食物の消化が行われている時間、夜20時~朝4時に摂取したエネルギーの吸収が行われる時間となっています。特に、朝は老廃物などの体に必要のないものを排泄するためにも食物繊維たっぷりで消化の良い果物がオススメです。胃に負荷をかけることもなく、お通じも快調です。

美容問題はフルーツが解決!

りんごには、多量の食物繊維が含まれています。その中でも”ペクチン”と呼ばれる水溶性の食物繊維がとても豊富です。”ペクチン”にはジェル化する機能があり、塩分や糖類、脂質など、体の脂肪となり得る栄養素をジェルになり包み、体内に取り込みにくくします。このペクチンは、りんごの果肉部分よりも果皮の含有量の方が多いです。
りんごに含まれる食物繊維はペクチンだけでなく、通常の食事からも摂取することのできる”セルロース”という食物繊維も含まれています。有害物質を体外へ排出する作用や、腸管を刺激して便秘を改善する作用で腸内環境を良好にする働きがあります。

りんごに老化防止作用!?

フルーツはビタミンが豊富に摂れるだけじゃなく、美容にも効果があり、女性にはオススメのダイエットなのです。
果物にはビタミン他、食物繊維、糖質、ミネラル、そしてファイトケミカルを含み、身体に良い栄養素ばかりです。中でもファイトケミカルは、抗酸化作用をもつアンチエイジングに適した栄養素です。加齢につれて体の中は活性酸素により錆付いてしまい、シミやシワがたくさん生じます。だけど女性ならそんなの嫌ですよね?ファイトケミカルは、シミ/シワを作る原因である活性酸素の働きを妨害し、免疫力を高める効果があります。更には、ガンやアルツハイマーなど生活習慣病予防に期待がされている有望株の栄養素なのです!

また、フルーツ効果はお通じを良くしてくれるだけでなく、美肌率UPにも期待されます。フルーツには特有の酵素が含まれており、その酵素が体内の毒素を集めて回ります。そして体外へ排泄しくれるという働きがあるので、便秘症の人や肌荒れが気になる人など、美容面が気になる人は一度トライしてみませんか?

朝食フルーツダイエットのデメリット

大幅な体重減量にご注意を!

フルーツダイエットの効果は個人によりますが、面白いほど痩せていく人も中にはたくさんは居るはずです。しかし-5kg/月という体重の減量が見られるような人は、そこでセーブしなければなりません。一度に痩せ過ぎるのは体に良くありません。一度、身体にダイエットによる異変や問題が出現していないかをチェックする時間を取りましょう。ダイエットの成果としては、約-2kg/月の減量くらいが丁度良い目安として研究結果が報告されていますので、体重の急激な減量には注意しながら、健康的なダイエットをしていきましょう。

置き換えは2食まで!

フルーツダイエットを2食置き換えている人もいますよね?「全ての食事を果物で済ませれば、もっと痩せるよね?」と考え、実行している人はダイエットとしてとても危険な方法を取っていることになります。全食事をフルーツのみにしてしまうと、体の中でエネルギー不足が生じ、他の食事を我慢していることによりストレスが溜まり、その反動で今度は食べ過ぎてしまう可能性があります。置き換えるのは、せいぜい2食までにして、1食は普通どおり食事をすることをお勧めします。

摂り過ぎもダメ!

フルーツはダイエットに持って来いの食材です。しかし、いくら体重が減量するといっても食べ過ぎては減るものも減りません。フルーツには果糖という糖分が含まれていて、体内へ取り込まれるスピードも速いです。でも摂ったエネルギーが必要量に足りていた場合はどうなると思いますか?
それは脂肪として体内に取り込まれ、太る原因に早変わりするのです。ですから、美味しいフルーツを好きなだけ食べてもいいといっても、程ほどが丁度いいということを頭に入れてダイエットに取り組みましょう。

引用:フルーツダイエット|slism
引用:朝さつまいもダイエットの効果とやり方~おいしい&簡単ダイエット

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでsponkyをフォローしよう!