ホーム > 生活・ビジネス > ダイエット > 2014年10月30日

朝食抜きダイエットは痩せるの?痩せる説と朝食を抜くと太りやすくなる説

朝食抜きダイエット:朝食は取った方が痩せる?取らない方が痩せる?

朝食抜きダイエットは痩せるの朝食抜きダイエット、このダイエットはすっかり有名になりましたね。

単純に、朝食を抜くというダイエット方法ですが、この方法は痩せて効果がある説と余計に太りやすくなるという説の賛否両論があります。

今だにどちらが正しいのかは、解明されていないようですが、両方の理論を見ていきましょう!

朝食抜きダイエットで効果が無い、太りやすくなる説

朝食欠食率は特に20~40代で高く、男性は4人に1人、女性は6人に1人朝食を摂っていないという結果が出ています。(平成24年度国民健康・栄養調査より)

朝食を摂らない理由として、ダイエット中のためカロリーを気にして朝食を摂らない、朝バタバタしていて朝食を摂っている時間がない、夕食の量が多いか、もしくは夜食を食べるために朝お腹が空かない、などといったことが挙げられます。

朝食を抜けばその分のカロリーは節約され、1日の摂取カロリーは減るはずなのに、なぜ逆に太りやすくなるのでしょうか?

朝食を抜くと太りやすくなる理由は?

朝食を抜くと太りやすくなる理由には以下のようなものが挙げられます。

①基礎代謝が低下し、脂肪を分解する力が弱まる。

②エネルギー不足により、体が飢餓に備えてエネルギーを溜め込もうとするため、効率よく脂肪が蓄積される。

③次の食事で血糖値が上昇しやすくなり、それによって血糖値を下げるホルモンであるインスリンが大量に分泌される。インスリンには糖が中性脂肪に合成されるのを促す働きがあるため、脂肪が蓄積されやすくなる。

④他の食事の1回摂取量が多くなり、過食につながる可能性がある。

朝食を抜くことによって摂取エネルギー量が減って痩せるというより、代謝の変化によって消費エネルギー量が減って肥満の原因になる、ということです。

クックパッドニュースより

朝食抜きダイエットで効果がある、痩せる説

朝食は食べても食べなくても同じ!?

「Daily Mail」の記事より 今までの説とは反対に、朝食は間食や食事の量、代謝にほとんど影響を及ぼさない事をこの研究は発見した。

朝食は身体のエネルギーとなり、後で食べ過ぎを防ぐとして、1日の中で最も重要な食事だと言われ続けてきた。しかし、今回の新しい研究が正しければ、朝食はそう重要なものではないらしい。今まで信じられてきた説とは反対に、1日の最初の食事はその後の食事の量や間食にほとんど影響しないという事が発見された。その上、今まで言われてきた様に、朝食は代謝を活発にする働きも無いという。

バース大学の研究者によれば、朝食を何も食べなかった人々と、起きてから2時間以内に350キロカロリーを摂取し、午前11時前には計700キロカロリーを摂取した2つのグループを6週間比較してみたところ、両者に代謝の変化はない事が分かったという。

「朝食を抜くと太る」ということはない

また、今月発表されたバーミンガムのアラバマ大学の別の研究でも、ベッツ博士の研究を裏付ける結果が出た。この研究では被験者を「朝食を食べないグループ」「朝食を常に食べるグループ」「現在の食生活を続け、何も変えないグループ」の3つに分け、4カ月後に体重を測った。その結果、4カ月後にどのグループも500グラム以上体重が減った人はいなかったというのだ。

これらの研究が正しければ、朝食が健康に良い習慣であるのは間違いないが、「朝食を抜くと太る」という説は間違いだったようだ。

トカナより

結局ダイエットには どっちが良いの?

朝食を食べることにも、朝食を抜くことにもメリットがあり、デメリットもあります。

普段朝食を無理やり口に押し込んで出勤している人や、夕食がストレス解消にもなっていて、夕食で摂取カロリーを控えるのは難しいという人には、朝食を抜くことはダイエットに効果的かもしれません。 朝食を菓子パンなどで済ませている人は、フルーツに変更すると、摂取カロリーが抑えられ、栄養の摂取もできますよね。(腹持ちの良いバナナがおすすめです。)

肥満解消のためにダイエットをする場合には、朝食を抜くことのデメリットよりも、肥満によるデメリットのほうが大きい場合もあります。

また、午前中に体を動かす場合には、朝食でしっかりエネルギーを摂取することをおすすめします。体を動かす仕事の人や、運動量の多い学生は朝食を食べたほうが良いでしょう。

欠食をすることで、他の食事が過食になりやすい人も、3食バランス良く食べることをおすすめします。

朝食を食べる・食べないには賛否両論ありますが、自分の食生活やライフスタイルに合わせて決めることが大切だと言えるのではないでしょうか。

ダイエットコラムより

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでsponkyをフォローしよう!