ホーム > 生活・ビジネス > 健康 > 2014年12月9日

お酒での二日酔い防止!会社員の二日酔い予防対策TOP10!短時間で二日酔いを治す解消方法

そもそも何故、二日酔いになるの?二日酔いの原因とは?

二日酔い「お酒を飲むと、体に吸収されたアルコールは無毒な酢酸になる前にアセトアルデヒドという物質になります。そのアセトアルデヒドが翌日も体内に残ることで感じる不快さや、利尿による脱水症状が主な二日酔いの原因です」

忘年会などで飲み会が増えるこの季節。うっかり飲みすぎて翌日は二日酔いでぼろぼろ…なんて人も少なくないのでは? できることなら、あらかじめ対策を取っておきたいところ。そこで、実践している二日酔い予防策を、20~30代の男性ビジネスマン200名に聞いてみた(協力:アイ・リサーチ)。

■飲み会前に実践したことがある二日酔い予防策TOP10

1位:肝機能を高める専用ドリンクを飲んでおく(47.0%)

2位:牛乳を飲んでおく(21.5%)

3位:睡眠を充分に取っておく(19.0%)

4位:ご飯や麺類など炭水化物を食べておく(15.0%)
5位:水をたくさん飲んでおく(12.5%)

6位:緑茶を飲んでおく(3.0%)

6位:トマトやブロッコリーなどの野菜を食べておく(3.0%)

8位:柿や柑橘類などのフルーツを食べておく(2.5%)

9位:スプーン1杯のオリーブオイルを飲んでおく(1.5%)

9位:ゴマやナッツを食べておく(1.5%)

では、多くのビジネスマンが実行しているこれらの対策、本当に効果があるのだろうか? 東京逓信病院の平田恭信先生、教えてください!

「1位になっている『専用ドリンク』ですが、人体への実験では、二日酔いの予防に効くというエビデンス(科学的根拠)は知られていません。ただ、肝臓を保護するといわれており、手軽に試せる手段なので、取り入れてもいいとは思いますよ」

なんと驚き! そうなると、ほかの対策も科学的根拠が気になるところだ。

「そもそも二日酔いは、肝臓がアルコールの分解で手一杯になるために血糖値が低下したり、尿量が増えて脱水を招くなど、様々な症状が絡み合って起こります。血管が収縮して血圧が上昇したり、胃酸が多く分泌されて胃粘膜を荒らすこともあるでしょう。

つまり、二日酔いにならないためには、低血糖や脱水、胃酸過多などを防ぐのがポイント。

今回ほかに挙げられた予防策のなかでは、炭水化物や糖分を摂っておくのは低血糖の予防になるし、オリーブオイルなどの油脂や牛乳は胃粘膜の表面を保護してくれます。

水をたくさん飲むのも、もちろん脱水予防に効果的です。また、忘年会シーズンのように疲れた状態での飲酒は、肝臓への負担が大。

できるだけ睡眠を取って、体調を整えておくのもいいですね。必ずお腹に来るという方は、前もって適切な胃腸薬を服用しておくのも有用です」

「最大の防御策は、なんといっても酒量を控えるに尽きる」とのこと。はい、わかっちゃいるんですが…。皆さん、お酒は自分の体と相談して、適量を。どうしても飲みたい夜は、ちゃんと手を打っておきましょう。

短時間で二日酔いを解消・治す方法とは?

「単刀直入に言うと、短時間で二日酔いを解消する方法はありません。時間が経ち、アセトアルデヒドが分解されるのを待つしかないのです。

しかし、予防のためにできることはあります。アルコールを吸収するのは胃と小腸ですが、より吸収するのは小腸の方。空腹のままお酒を飲めば、アルコールはすぐ小腸に到達してしまいます。

なので、胃にとどまりやすい肉や乳製品など、動物性タンパク質を多く含むものを事前に食べることで、後から飲んだアルコールが小腸へ移動するのを遅らせることができるんです」

なるほど…では、それでも二日酔いになってしまったときは?

「翌日であればスポーツドリンクを飲んで、アセトアルデヒドの影響や、脱水症状を軽減しましょう。ただし利尿作用が働くので、トイレに行きたくなるのは必至。長い移動や会議があるときは、留意した方がよいでしょう」

そもそも二日酔いとは、肝臓のアルコール処理能力を超えた飲み方が原因で起きること。急にたくさん飲んだり、飲み過ぎないことが何よりの予防法。やっぱりお酒はほどほどに!
(小林昂祐/ユーフォリアファクトリー)

お酒の場ではテンションが上がって飲み過ぎてしまうことも。翌日に残さないためには、適度な量にセーブすることが一番のポイントです

「迎え酒」って本当に効くの?

社会人になると、歓送迎会のシーズンなどには、お酒の席が続くことが珍しくない。つい調子にのって飲み過ぎてしまい、二日酔いに苦しみながら次の日の飲み会に顔を出し、ガンガンする頭を抱えながらまた乾杯…。

しかし不思議なもので、前日の酒が抜けないまま半ば無理やり飲酒を始めたものの、いざ飲み始めたら二日酔いの症状が徐々に失せ、調子が上がっていくようなことがある。これがいわゆる「迎え酒」というものだが、なぜそんなことが起こるのだろうか? 新宿ライフクリニックの須田隆興先生に、医学的な根拠を聞いてみた。

「迎え酒が二日酔いの症状を解消することは、医学的に考えてありえません。二日酔いとは、アルコールが肝臓で分解された際に発生する、アセトアルデヒドという物質がもたらすもの。しかしこのアセトアルデヒドは、新たにアルコールを摂取することでつくりだされることはあっても、代謝が促進されることはないんです」

では、なぜ迎え酒をすることで、二日酔いの症状が収まることがあるのだろう?

「おそらくはアルコールによる酔いが、二日酔いの症状を凌駕しているに過ぎないのではないでしょうか。アルコールの作用で二日酔いの症状が麻痺させられている、と言い換えてもいいですね。また、翌日の飲み会がスタートする前後で、ギリギリ回復が間に合ったというケースもあるかもしれません。いずれにしても、二日酔いの苦しみを先送りするだけで、根本的な解決にはならないでしょうね」

アルコールをもってアルコールを制す、なんてことはありえない。社会人なら欠席しづらい宴席というのもあるだろうが、やっぱり二日酔いの時は水分をたっぷりとって静養しているのが一番なのだ。

遺伝子で決まる「酒飲み」のタイプ

お花見や歓迎会など、お酒の席が増えるこの時期。が、ついつい飲みすぎて悪酔いや二日酔いでつらい思いを繰り返す、という方もいるのでは?

お酒との付き合い方は、個人の体質によって大きく異なるもの。なんでも簡単な検査で遺伝子を調べると自分に合った飲酒の仕方がわかるそう。そこで、国立病院機構久里浜医療センター副院長の松下幸生先生に詳しい話を聞きました。

「お酒との付き合い方を考えるうえでポイントになるのが、アルコールの分解にかかわる2つの酵素。アルコールは肝臓で分解されますが、まず1B型アルコール脱水素酵素(ADH1B)がアルコールをアセトアルデヒドに変えます。しかし、これはまだ有毒な物質。頭痛や吐き気の原因となります。次に2型アルデヒド脱水素酵素(ALDH2)がアセトアルデヒドを分解、無害な酢酸に変え、その後排泄されます」

…というのは誰しも共通する代謝機能。だが、人によってこの2つの酵素の働き具合が異なるため、悪酔いや二日酔いのなりやすさも異なるのだとか。

「同じ酵素でも、遺伝子が異なると働き具合が変わるんです。まずADH1Bはゆっくり働く人(日本人の約7%)と速く働く人(同9割以上)がいます。また、ALDH2は強く働く人(同約50%)、弱い人(同約41%)、全く働かない人(同約9%)がいて、働きが弱い人ほど、顔が赤くなります。検査機関などで血液や唾液を使った検査を受ければ、自分の酵素の遺伝子タイプは簡単にわかりますよ」

特に注意したいタイプと、それぞれがお酒を飲むときの注意点を教えていただきました。

▼ADH1Bがゆっくり、ALDH2が強く働くタイプ
赤くならずアルコールがアセトアルデヒドに変わるまで時間がかかるため、結果的に多くの量を飲めるが、代謝がゆっくりのため、それを超えるペースで飲むとお酒が残りやすく、翌朝酒臭い。アルコール依存症になりやすく、飲酒が原因で食道がんや咽頭がんになるリスクが高い。

▼ADH1Bがゆっくり、ALDH2が弱く働くタイプ
本来は赤くなるはずのタイプだが、アルコールの代謝がゆっくりなので赤くならず、酒に強い。アルコール依存症や食道がんのリスクが高い。

▼ADH1Bが速く、ALDH2が弱く働くタイプ
赤くなりやすいが、飲み続けるとある程度お酒に強くなる。しかし、習慣的に飲酒すると食道がんのリスクが高くなる。

▼ADH1Bが速く、ALDH2が強く働くタイプ
日本人に最も多いタイプ。酒には強くてある程度の量を飲むことはできるが、強いがゆえに飲みすぎてしまいがちで依存症のリスクも高い。

▼ADH1Bがゆっくりまたは速く、ALDH2が全く働かないタイプ
アルコールが飲めない、いわゆる“下戸”の人。急性アルコール中毒に特に注意すべきタイプ。

ADHのほかにもアルコールを分解する酵素があり、これは飲酒を繰り返すと働きやすくなるため、“鍛えられる”感覚が生まれるそうですが、メインで働く酵素の働きは変わらないので無理は禁物とのこと。

今後もお酒と上手に付き合いたければ、経験で自分のタイプの見当をつけるだけでなく、一度検査をしておくのがいいのかもしれませんね。

R25より

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでsponkyをフォローしよう!