ホーム > 生活・ビジネス > 健康 > 2014年10月29日

ノンアルコールビールに美容効果と快眠・安眠効果が!ノンアルコールビールで不眠症解消!

ノンアルコールビールに美容効果と快眠・安眠効果お酒を飲むと眠りが浅くなることは、おそらくご存知の人も多いでしょう。しかし、ノンアルコールビールであれば、早く眠りにつける上に、一晩中ぐっすりと眠れるのです。

ノンアルコールビールを飲んだほうが、睡眠に落ちるまでの時間が短く、平常時の漠然とした不安感も解消されていることがわかりました。”

スペインの研究実験でわかったことです。夜間作業を担当している17名の健康な看護士を選び、14日間の夕食時に360mlほどのノンアルコールビールを飲み、睡眠の質と不安を感じるレベルを測るテストを受けました。
ノンアルコールビールを飲む前と比較をした結果です。

ノンアルコールビールの安眠効果

飲んだときに感じる苦味がホップです。ハーブとして使われています。気持ちを静める、気持ちをおだやかにする、イライラを防止する、催眠作用、食欲を増進させる効果があるといわれています。ノンアルコールビールはアルコールを含んでいないので、ホップの良い働きだけを取り入れることができます。

なぜビールよりもノンアルコールビールが安眠できるの?

ホップならビールにも含まれていますね。ビールを飲んだ場合、アルコールで脳が麻痺してきて、気分が良くなり、眠くなるので安眠効果がありそうですが、実際にはアルコールが分解された後に目が覚めてしまいます。

アルコールを飲んで夜中に目が覚めたり、朝早く目が覚めたりした経験はありませんか。体からアルコールが分解されると脳の麻痺が取れて目が覚めてしまうのです。アルコールに安眠効果はありません。

普通のビール(アルコール)は睡眠を妨げるんです!

お酒を飲むと寝付きが良くなるので、寝酒が習慣になっている人も多いと思います。
アルコールを飲むと眠くなるのは、アルコールが体温を下げるためと、脳の働きを抑制しているからです。

アルコールは摂取から3時間ほどたつと「アルデヒド」という毒に変わり、交感神経を刺激してしまうので、覚醒効果があります。

実は、脳が起きてしまっている状態で、快眠ができていないということ…熟睡はできない、寝る前にお酒、昼間に寝だめはNGといえます。

お酒を飲んでも快眠したい時は、缶ビール1本を飲んだ場合、アルコールが分解されるまでに2時間(体重などで異なる)はかかります。なので、缶ビール1本程を飲むのであれば、就寝の3時間以上前にしましょう。

ノンアルコールビールの美容効果

ホップに含まれるフィストロゲンという女性ホルモンに似た作用をする成分が更年期障害の女性に有効といわれています。麦芽はビタミンB群や葉酸などビタミンやミネラルが豊富です。

ビタミンB群は糖質の代謝だけでなく脂質やたんぱく質の代謝にかかわるビタミンです。皮膚や髪などの成長を助けてくれます。女性にうれしい美容効果が期待できます。

ビールをノンアルコールに変えるだけでも睡眠の質が良くなります。ぐっすり眠ることで成長ホルモンがしっかり体内で作られます。これにより肌を美しくする、アンチエイジング効果が期待できるのです。質の良い睡眠は美容の味方です。

引用:意外!ノンアルコールビールに美容効果と安眠効果が

ホップの隠れた実力GABA

ビールの主要成分であるGABAは、中枢神経系に作用するとして知られています。うまみ成分と呼ばれるアミノ酸は興奮系の神経伝達物質ですが、GABAは神経を落ち着かせる成分なのです。

イライラしているときはGABA成分の減少が原因の場合もあるそう。パニック状態にある時に摂取することで、感情の起伏も抑えられるとか。

肝機能を助けるので、アルコール摂取時にもGABAを摂っているほうが、二日酔いのリスクを避けられるそうです。インシュリンの働きを助け、脂肪燃焼効果も期待できます。

GABAはもちろんビールにも含まれていますが、飲酒後の睡眠はアルコールの作用で断片的になってしまいます。新しい美容習慣として、ノンアルコールビールを飲む時代がやってくるかもしれませんね。

ノンアルコールビールの美容効果があなどれない

飲む人にも飲めない人にも支持されているノンアルコールビール。
ノンアルコール飲料は、2種類あります。
・アルコールを全く含まない飲料
・1%未満のアルコールを含む飲料

1%未満であれば、厳密にはアルコールを含んでいても、ノンアルコール飲料として扱われます。
限りなくビールに近い味として、ビール党の人に飲まれています♪

ノンアルコールビールの効果・効能

①睡眠の質が上がる

ビールは基本的に睡眠の質を下げます。ノンアルコールビールは寝つきをよくし、睡眠の質を高めてくれます。安眠効果がノンアルコールにあると言われています。

②不安感を解消し、リラックス効果がある

ビールの主要成分であるGABAは中枢神経系に作用し、神経を落ち着かせる成分で、GABAの減少がイライラの原因であるとも言われています。アルコールが入っていないからこそ、神経を刺激してしまう事無く、リラックス出来ます。

③太りにくいので、ダイエットにもなる

普通のビールだと、カロリー、プリン体、糖質なども気になってしまいますが、ノンアルコールビールは、酔わないだけでなくヘルシーになっています。
アルコールがまわり始めてしまうと自制心がきかなくなり、気づいたら食べ過ぎていた…なんて失敗も。そんな欲望に負けないためにも、ノンアルコールビールは食事中に必須の飲み物♪

④美容効果も

良質な睡眠は美肌をつくることにも繋がるので、寝ているだけで美肌ケア
インシュリンの働きを助け、脂肪燃焼効果も期待できます。

ノンアルコールビールで、美肌に欠かせない睡眠と、リラックス効果を手に入れましょう

引用:美クラスタ【美容ニュースまとめ】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでsponkyをフォローしよう!